2010.12.10  レッスン記録
「こんなもんでいい・・・と思っていません?」
レッスン中に先生に言われてしまった

さらに、
きれいに吹けているけれど、発表会前はこんな音ではなかった。
息のスピードに頼らない、もっとお腹で支えた音が出せるはず。
口元で吹いてしまっている。
らしくない音だ。
前回は発表会のお釣りでまだましに吹けたけれど、今日はそれもなくなっている。
とも言われた・・・

言われてみれば思い当たることがある。
「もっといい音で吹きたい~」
その気持ちは今も変わっていないと思っていたし、そこそこ練習したつもりだった。
エチュードは、今日、合格しておきたかった・・・。合格するためのこじんまりとした練習をした?
そういわれれば中音や低音は、発表会前のほうがよく鳴っていたような。
確かに、いい音で演奏するために必死だった・・・
腹筋や背筋だってサボっていたし・・・

言われないと分からないなんて、自分の音が聞けていない証拠?
「あ~あ!」何とか修整しないと・・・・


当然だけれど、アンデルセンのエチュード、テレマン、全部次週に持ち越し。
曲は、31選でまだやっていなかった「子守歌」(ケーラー)をすることになった。
今日、少しだけ聞いてもらって、これもいっぱい駄目だしされた・・・
ピアノがメロディになる部分のフルートのところ、この中音域をいい音で滑らかに吹きたいんだよね~。音のイメージはある。
もう一度、がんばってみよう~!



Secret