フルートと、プールと、混声合唱団と、小さな菜園、そして孫・・・日々のあれこれを綴ります。
今度、義母が入所している施設でボランティア演奏をすることが決まりました。

所属しているフルートアンサンブルで老人施設へボランティア演奏に行くたびに、義母の顔が浮かんでいて、認知症が進行しかけている義母ですが、分かるうちに義母の施設でも演奏できたらな~とずっと思っていました。夫と二人で行ったらきっと喜んでくれるに違いない・・・・。

メンバーは、夫(テナーリコーダーと歌)、私(フルート)、そしてピアニストさん。

今まで、フルートアンサンブルで老人施設や病院に行くとき、先方との打ち合わせ、プログラムとかはすべてアンサンブルの世話役さんに任せっぱなしでした。私は曲が決まったら楽譜をもらい練習さえしておけばよかったのです。以前使った楽譜をもう一度使うこともありました。

今回は、演奏の形態もいつもとは違うので一から練り直しする必要ががあります。
で、まずは、楽譜の準備からスタート。持っているアンサンブルの楽譜で使えるものもあるけれど、何冊かは新しく購入しました。
童謡唱歌、懐メロ、昭和歌謡・・・。
「有楽町で あいましょう~♬」「~川のながれのように~♬」

そして1時間の持ち時間をどう割り振るかを考え、曲目の選定も始めなくてはいけません。

義母の面会に行くたびに見かける入所者の皆さんの年代・様子を思い浮かべ
ながら選曲中です。
楽しんでもらえるよう工夫できるといいなあ・・・・。




【2017/10/08 23:14】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック