金曜日
少しずつ見てもらっていたアルペジオーネの前半2ページを先生のピアノと合わせました。
テンポの揺らせ方、歌い方とかを大雑把ですが作っていきました。
まだあちこちに課題が残っているので、合わせてそれもクリアしていかねばならないけれど、まだ時間はあるし、今の所はまだ余裕がある~。そのうち焦り出すの、目に見えているけどね(^_^;)


土曜日はコンサート

日韓ドップラーフルート二重奏曲全曲演奏会
        “どっぷり・ドップラー”

コンサート・パラフレーズ Op18
プラハの思い出 Op24
アンダンテとロンド Op25
華麗なワルツ Op 33
ハンガリの主題による幻想曲 Op35
ハンガリー小二重奏曲 Op36
アメリカ小二重奏曲 Op37
リゴレットファンタジー Op38
パラフレーズ 歌劇「夢遊病の女」より Op42

面白い企画のコンサートでした。
ドップラーがかいた九つの二重奏曲を、韓国と日本のフルーティストで演奏しようというものです。

韓国のフルーティスト12人で6曲
日本のフルーティスト5人で3曲。

D楽器のホールなので、客席は100席ほど。響きもよいし、演奏するお二人の息遣いまで感じられるくらいでした。

韓国のデュオは、すでに国内での本番をこなしておられたようで合わせが見事でした。でも、響きの好みは日本人ペアの方かな・・・。

大好きなアンダンテとロンド、リゴレットファンタジーが聴けて大満足でした。アンダンテとロンドは、できたらいつかチャレンジしてみたい・・・。

いそがしかった~!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。