我が家の富有柿、順番で行くと今年は生り年ということで、初夏の頃には小さい木なりにたくさんの実をつけていました。
けれど、猛暑の影響もあってか実が落ちて、大きくなったのは最初の半分くらいでした。
我が家はみんな柿が大好き。
「もう少ししたら食べられる?」赤く色づいていくのを見ながら、孫も楽しみにしていました。
先日、孫に初めての<柿狩り>を体験させてやれて、ジイチャンは満足だったようです。
お隣さんには、枝から切って差し上げました。「花瓶にいれさせてもらうわ~」

IMG_0379.jpg

例年なら食べる分だけ少しずつ取っていくのですが、今年は今日、残っているのをみんな収穫してしまいました。
インフルエンザ騒ぎが気になったからです。

例年、柿が色づき始める前に鳥防止のためにネットをかけています。
今年も同じようにしてあったのですが、ネットの下をかいくぐって侵入するふとどき者が現れるようになりました。すずめ・めじろといった小さい鳥が上手に入ってくるのです。
赤く熟した実が皮だけ残してぶら下がっていたりしました。
「ま、いいか~。」今まではそう思っていたのですが、遠方とはいえ、インフルエンザ菌を持ち込んだ犯人が小鳥だと聞いて鷹揚に構えていられなくなりました。
小鳥につつきまわされたりしたら気持ちわる~い!

で、今日の柿狩り作戦実行となったわけです。
木に残っていた柿は思ったよりたくさんありました。
IMG_0389.jpg

小さくて種がいっぱい入った柿ですが、味はなかなかいい!
今しばらく、秋の味を楽しみたいと思っています。

フルートもやってます。

久しぶり~!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。