スイミング、今週は月末メニュー。
100m4本を含んで合計1300m泳いだ。

50mの時、同じ上級でも、さらにパワーのある方のコースは、7本を1分10秒持ち。私たちは1分30秒持ちで6本。
私の場合、1分10秒持ちではインターバルが10秒を切ってしまう。それを7本なんてとても無理!彼女たちは、年齢が少し若いグループではあるけれど、同じ年の人も一人いてはる。感心するしかない~


同じ上級に、片方の股関節の手術をした人がいる。
さすがにメニューは同じというわけにはいかない。身体状況を考慮して、いつも少しずつ調節しながら泳がれる。けど、お元気。
両股関節の手術をした方もいらっしゃった。最初は泳いでおられたけど、水への出入りが楽にできないからと辞めて他のスイミングへ変わられた。他市のプールで、スロープがあって楽に水に入れるらしい。けど、長年一緒に泳いだメンバーと離れたのがさびしくて仕方がないらしくて・・、先日もメールでぼやいてはった・・・・。


水への出入り、今は平気で出来るけれど、先のことはわからない。
自由に出入りできなくなったら、泳ぐのをあきらめる?
今のプール、隅に2か所だったか、はしごがあるけれど、使い勝手が悪いのであまり使う人はいない。出るときは、自力で、あるいはコーチがおいてくれた台を踏み台にして上がる。背の低い子供が水中で立てるように泳ぐときに沈める台だ。
片方の股関節を手術した方は、かばいながらでもなんとか出たり入ったりできるみたいで、がんばってはる。

今通っているスイミングには、私達よりさらに年齢層が高い高齢者のコースもあって元気に泳いではる。
膝が痛い、腰が痛いと言いながらも水中の利点を使って、楽しそうに泳いだり歩いたりなさっている。

プールへの出入りが自由に出来なくなること、これはもう他人ごとではない。高齢者が楽に出入りできるような設備を整えてもらうことはできないんだろうか。。。。

まだまだ・・・。

検討中!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。