掃除機が壊れた。
モーター部分が壊れたようで、我が家専属の修繕屋さんもさすがにお手上げ。
2008年購入で、ロングラン保障の期間はもう過ぎている。
取りあえずは、小型の小さい掃除機ですませているが、やっぱりないと困る。
新しい掃除機を購入することにした。

最近の掃除機は大きくサイクロン式と紙パック式に分かれるらしい?
そう言えば、娘宅のはサイクロン式だった。(有名なメーカーのだけど、なんか収納しにくい掃除機やったな~。)
他にも、自走ブラシ、タービンブラシ、モーターブラシ???広告やネットを見たけれど、わからない用語がいろいろ出てくる。
さっそく、家電量販店に見に行った。

「最近はサイクロン式が人気です。紙パック代がかからないので・・・」
「けど、それって始末がめんどうなんちゃいます?」
「まあ、そう言われる方もありますけど・・・ゴミが見えるし、捨てるのは簡単です。月に一回くらい水洗いすればOkですし。」
それぞれの製品の、ごみの圧縮の様子や、手入れの仕方等を見せてもらった。
店員さんは、どうもサイクロン式を売りたいみたい・・・。

紙パック式については、こちらからいろいろ聞いた。
ハウスダストセンサーがついているのもあるんやね~。
自走式というのも分かった。


けど、今回はここまで。
数社のカタログをもらい、型番と値段を控えて引き揚げた。


<息子の嫁さん談話>
「後始末の時の埃にはけっこう難儀するけど、ゴミが見えるのはよい。例えば、指輪のようなものを吸い込んでもすぐに分かる。」
おおっ、その点は、バアチャン向きやん・・・・!

泳ぎ続けたいけど・・・。

ろうそく10本!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。