アルテ15課 C dur②④一応○
        C durは、今後も音出しとして継続する。
        次回は、Fdur。 

ケーラー No15◯
      次回、No14の仕上げ。
     
パガニーニ「カンタービレ」
フレーズのつながりに注意して、もっと歌うこと。
カデンツ等、指回しが速くなる部分をさらってくること。

かなり前に、この曲を発表会で吹きたいと申し出て、却下されたことがあった。
理由は、その当時の力量では歌いきれない、ムリということだった。

原曲はヴァイオリンのための曲らしい。
You Tubeでたくさんの演奏を聴くことができる。ユーフォニウムバージョも美しいし、ヴァイオリンは情熱的とでもいえるような華やかさで歌い上げている。

今回なら何とかできそう~。
吹き込まないと・・・。

斑尾でスキー

ボランティア演奏・本番

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。