高齢者施設でのボランティア演奏が終わりました。

出番は午後だったけれど、朝から施設の一部屋をお借りして最終合わせ、リハーサルをし、本番を迎えました。


婚礼の合唱 Fl2
ラデツキー行進曲 Fl4
冬の唱歌メドレー(たき火・ゆきやこんこん・冬景色) Fl4
(歌)  母さんの歌  Fl2・A
     ずいずいずっころばし Fl3・A
黒田節 A2
(歌)  雪の降る町を Fl3・A
     有楽町で逢いましょう Fl3・A
魅惑のワルツ Fl3
(歌)  ふるさと Fl2・A


「婚礼の合唱」でおごそかに演奏がスタート。
「ラデツキー行進曲」では、手拍子が頂けて楽しく演奏できました。

「黒田節」はアルト二本のデュエット。手拍子のなか、しっとりと歌い上げる演奏を聴かせてくれました。

(歌)の曲では、我々が学生だった頃全盛だった、“歌声喫茶”のような雰囲気が出せたら楽しいかも・・・が、今回の試みでした。
歌声喫茶のリーダーにあたるメンバーをこちらで準備し、歌ってもらいやすくする・・・
歌ってもらう予定の曲は4曲、歌詞カードも用意していました。
けれど、「冬のメドレー」が始まった頃からちらほら声が聞こえ始め良い雰囲気になっていて、「かあさんの歌」が始まるころには、マイクを向けられて歌う声も聴こえたりしました。
「有楽町で逢いましょう」ではアンコールの声がかかり、ソロでマイクを持って歌う男性が出たりもして。
「ふるさと」の全員合唱でなごやかに演奏が終了しました。


いつものボランティア演奏とはちょっと違うコンサートになりました。いろんなボランティア演奏の形があると思うけれど、場所によっては、こんな形態もあってよいのではないかしら?と思いながら施設を後にしました。

ところで、私の本番の出来具合?
出とちりも含め、大小のミスが。。。。
ま、これはとりあえず、忘れることにしましょう。前に進めませんから・・・。

タイトルなし

レッスン記録

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。