病院で、ボランティア演奏してきました。

演奏したのは歌える曲や、クリスマスの曲。
狭いスペースだったので、選曲を、音色のもう少し柔らかい音楽にした方がよかったかもしれません。
車椅子で、ベットのままでそっと聴いて頂けてうれしかったです。


その後、神戸へ。
夜は、神戸国際フルートコンクールの優勝者記念演奏会を聴いてきました。
フルート マチルド カルデリーニ
      セバスチャン ジャコー
ピアノ   西脇 千花 


   デュオ
クラーク:マヤ

   マチルド カルデリーニ
バッハ:ハンブルグソナタ
フォーレ:ファンタジー
コネッソン:サラの笑い
ボルヌ:カルメンファンタジー

   セバスチャン ジャコー
バッハ:フルートソナタハ長調BWV1033
メシアン:クロツグミ
マルタン:バラード
ジュナン:ヴェニスの謝肉祭
 
   デュオ
バッハ:トリオソナタホ短調

素晴らしい演奏会でした。
別々にコンサートを開いても十分に聴きごたえのあるお二人の演奏会でしたから、コンサートを二つ聴いたような満足感がありました。
カルデリーニさんのファンタジー、カルメン。優雅でキラキラしてました。
ジャコーさんのバッハ、とてもよかったです。どんな風に吹いたらあのように聴こえるのかわからなかったけれど、とにかく美しかったです。高い音になるほど柔らかさが増す感じもありました・・・。
ヴェニスは変奏曲の種類がいくつも・・・・圧巻でした。
当たり前なんだけれど、どんな繊細な音もちゃんと音になるんだね~。
アンコールのトリオは何という曲だったかしらん?聴いたことがあるんだけれど・・・。見事にぴったり合ってました。

フルート三昧の、吹けることの幸せと、聴く喜びを感じた、とても濃ゆ~い一日でした。

プールのメンバーで忘年会

これで一安心~~

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。