インフルエンザの予防注射をしてもらってきた。

以前の診察日に夫が今日の朝の時間帯で、予約をしていて、私も同じ日なら忘れなくていいと予約をお願いしたら、一緒に来るか?って先生が。
「お昼は、スイミングのレッスンになっていて、注射した後泳ぐと拙いですよね?」
「でも、その日、お風呂に入るんやから、プールも同じことやで」
「ええっ!注射の後、激しい運動はしたらあかんのとちがいます?」
「プールぐらいやったらあんまり気にせんでええ」
「看護士さんが、安静にっていうてはりました~」
「・・・・」
結局、予約は夕方の診察時間になった。

まあ、確かにこの時期のプールの水温はけっこう高いし、1000mちょい泳ぐのは軽いもんかもしれない。
今日は、31.4度もあった。
お風呂とまではいかないけれど、冷たさは少しも感じない。
むしろ温かすぎて水がまとわりつく感じさえある。
そんな中で泳げば心拍数は上がるし、ちょっと息もあがったりもする。我々にとっては温泉に浸かっているのとはわけが違う・・・むしろ、激しい運動の部類に入る。

今日は水温が高くて水を重く感じるだろうからと1150mで終わった。

そのあと予防注射を受けに行った。
「予防注射をし、体力もつけているから、これで万全!」と言いたい所なんだけどね。


あ、かかりつけの先生、いい先生ですよ~。
時間をかけて診察してくださるし、話もきちんと聞いてくださいます。
慎重だし、大胆。「心配せんでええ」そう言ってもらえるとそれだけで治ったような気分になれます。
信頼して任せることができる先生です。



フルート関連二つ。

タイトルなし

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。