IMG_0133_1.jpg

モンティ : チャルダッシュ (Vn、Pf)
ヘンデル-ハルヴォルセン : パッサカリア (Vn、Va)
マスネ : タイスの瞑想曲 (Vn・Pf)
竹内邦光 : 落梅集ー無伴奏ヴァイオリンのために
ブラームス : ピアノ四重奏曲 第一番 ト短調 (Vn、Va、Vc、Pf)
          三楽章
          四楽章

エルガー : 朝の歌 (Vn、Pf)

電話予約のチケットがうまく取れて、座席はかなり前の右寄り、演奏者の表情までよく見えました。

ヴァイオリンの原田さん、とてもかわいらしいお嬢さんでした。笑顔がなんとも愛らしい・・・。
チャルダッシュ*以前ほかの方の演奏でも聴いていました。この方のお人柄でしょうか、表情豊かでしたが、どちらかというと、品の良いチャルダッシュのように思えました。
パッサカリア*ヴィオラとの音の重なりや、やり取りが面白くて、プログラムの中で一番好きでした。
タイス*以前フルートで吹いたことがある曲です。私のフルートでは息が続かなくて、いくら注意してブレスしてもフレーズが途切れてしまいがち・・・ヴァイオリンの方って、演奏とブレスとはどんなふうになさっているんだろう?ちょっと変なことを考えながら聴いてしまいました。
落梅集*どこか、和のイメージが感じられる曲でした。作曲なさった竹内さんが見えていました。
ピアノ四重奏曲*有名な曲らしいのですが、初めて聴く曲でした。全楽章聴いてみたいと思いました。

余談
座席の左隣の方の手が実によく動きました。演奏中にプログラムをひっくり返してみたり、その日入り口で貰ったちらしのページをめくったり・・・見まいとしても、ステージ中心はどちらかといえば左斜め前方で、視線の隅に入ってしまうのです。
さすがに耳障りなほどの音を立てての動きはなかったのですが、気になってしまって・・・・。
途中からは頬に手を当てて聴きました。。。。(涙)

「おじいちゃんの ごくらくごくらく」

二つの合唱イベント、終了

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。