フルート・レッスン記録

モイーズ
NO 6
音の質は問題がない。
16分音符のあとのタンギング、16分音符との間に若干、間があいてしまうのを直す。 

タファ・ゴベ
久しぶりに聴いてもらった。
音が滑らかで太い音で吹けるようになっていると褒めてもらった。
所々で指回しがお団子になるところがあるので、逆付点とか、スタッカートとか吹き方を変えて練習しておくように言われた。


モーツアルト「アンダンテ」
初めて、通して伴奏を付けてもらった。

今日のメインはカデンツ。
最初の入りのフェルマータつきの「ソ」。ここで音の調子を整える、ぐらいの気持ちでたっぷり余裕を持って吹く。音をけしたあとの余韻も大切に。
何回か出てくる「ド♯」をもっと大切に、上ずらないようにお腹を広げ下げて吹く。
伸ばすところの音の響きを十分に。
テンポを速くしたり遅くしたり、メリハリをつけ揺らす。
何度も吹きなおして練習した。

とにかく、余裕を持ってたっぷりと~。
時間をかけてさらっておきたい。

コメント

Secret

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター