先日の練習、11月の本番に向けて、今まであまり直されなかった音色を細かく練習した。
曲目は「山のいぶき」

<や・ま・の・い・ぶ・き>
開いた発声にならないように。深い響きで<や・ま・の・い・ぶ・き>。
「明るさ・暗さ」という言い方は当てはまらないけれど、イメージとしてはどちらかと言えば暗い方なのだそうで。
お腹をしっかり使って口の開け方にも注意。
音があがるところで開いてしまいやすいことにも注意しながら。

歌う前の発声練習、ロングトーンで、横隔膜が上がってこないようにとか、舌が上がらないようにといつも言われている。
<あ>だけならなんとかできても、<い><え>は難しいし、子音の発音、単語としての発音となるとなかなかうまくできない。

この日の練習では、うまくできないなりにも、ちょっとだけ響きが変わったのが感じられた。
この調子でやっていけば少しマシな合唱ができるかも・・・。

あ、またとれた!

本番

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。