2014.08.28  あ、とれた!
おととい、食事の最中に奥歯の詰め物が取れた。
定期健診を7月の終わりに済ませたばかりだったので、詰め物が取れてしまったのに、びっくり。
取れた後の歯を見ると少し変色もあって、え、虫歯!と二重にショックだった。

治療したのは、もう30年位前のことで、そのころに、まとめて何か所か治してもらったうちの一か所だった。
その歯医者さんは予防歯科?
歯のケアに力を入れている歯医者さんで、歯の治療後、デンタルフロスの使い方や歯磨きの仕方を教わり、定期検診も受けるようになっていた。
今掛かっているのは、その先生のお弟子さんが開業された歯科医院。
その時以来、新たな虫歯にはお目にかかっていなかった。

取れてしまった詰め物は金色。
当時の歯医者さんのすすめで、歯当たりが柔らかで、長持ちするという金色の詰め物がしてあった。
取れてしまった詰め物は、金色だけあって、さすが大きさの割にかなり重い。
<やり直すことになったら、もう、この年だから普通の詰め物で十分。そしたら、この金色の物はどうするんやろ?伝え聞くところでは今、金の値段がたかいとか?・・・・>ちょっと変なことを考えてしまった


生憎、おととい、歯科は夏季休業中で、昨日、遅い時間に何とかみてもらうことができた。

結果、
変色しているところは、虫歯ではない。
詰め物接着剤が劣化しただけなので、そのまま詰め直すことができる。
ほんのわずか隙間ができるが、これは取れた時に歯の一部か詰め物の一部が欠けたせいで、このまま詰め直しても問題はない。この際、やり直すという選択肢もあるが。
ということだった。

もちろん、迷うことなくそのまま詰め直す方法を選択。
古い接着剤を取り、詰め直して、高さを調整。
治療は40分間ぐらいで終わった。




Secret