お盆休みがあって、2週間ぶりのレッスンだった。
やっぱり、音がよくない。二週間チェックしてもらわないままでいると、悪い癖が出てしまう。
あちこちで直されてしまった・・・。

モイーズ No3とヴァリエーション・・・やり直し

ケーラー No11
高音はしっかりお腹を使って吹いているのに中音を安易に吹きすぎている、とか、フレーズのつながりができていない、とか、あちこちいっぱい直されてしまった。
ただただ指をさらってもダメ。新しい曲に取り掛かるときから、音楽を作っていく意識を持たないとダメ・・・。う~ん、全くその通りで・・・冷や汗の連続。
もう一度取り組みなおし!

モーツアルト「アンダンテ」
一通り通した後で、カデンツの部分を見てもらった。
音をならべることしかできていなくて、ずっと気になっていたのだ。
指摘されたところを直しているうちに、カデンツらしくなってきた気がした。やっぱり、音が変わると音楽も変わってくる・・・。

発表会の日が正式に決まった。


翌日土曜日は、アンサンブルレッスン。
JAMES HOOK 「SIX TRIO  NO2」
新しい曲で、けっこう頑張って練習していったつもり。
スコアをみながら三つのパートを予習していた。

三つのパートの和音の響き、旋律の動きや移動、フレーズのとらえ方等、先生の説明が入ると吹き方が変わってくるところがやっぱり面白い。
一楽章を最後まで吹いて練習が終わった。
疲れたけれど、充実感いっぱい~。

あ、とれた!

苦渋の決断?

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。