前回に引き続き、夫が、田舎で竹を切ってきました。

前回は、竹馬用。
孫たちに作ってやるとかで、ちょうど良い太さのを三台分?三脚分?を切ってくれました。
もちろん足を載せる竹も用意しました。

夫の田舎の竹藪は、私が思っていた以上に急斜面で、切った竹を担ぎ上げるのが大変でした。
私が入ると足手まといになる?
ということで、私は上で待っていて、夫が縛った竹を引っ張り上げる役。それがけっこう重たくて。
二人で、笹まみれ、汗まみれになりながら、何とか車に積み込み、持ち帰りました。

今回の竹は娘の注文です。
ガレージに置いてあった竹を見た娘、「もっと太いのはないん?」と聞くので「何にするん?」と聞いたら「そうめん流しをしたい」と。。。

それを聞いて夫は、もちろん大張り切り!
「今回は一人で行ってくる」と言い、出かけました。
私が助手席に座っていると、必要な長さの竹が積み込めないのだそうで・・・

3メートルの竹を持って帰ってきました。
竹は真っ二つに割ってあって、後は節をくりぬくのみ。
それに、竹筒を乗せる台も用意してありました。
竹の枝の部分を二か所、支え用に残し、反対側は地面に突き刺せるように斜めに切ってありました。

翌日、節の部分を、のみでくりぬいてつるつるにし、素麺を流す筒が完成。
昨日、娘一家が全員で来宅。大騒ぎして、筒や台を持ち帰りました。

その日の昼食で、さっそくそうめん流しをしてみたようです。
届いたメールがこちら。

IMG_0164そうめん

IMG_0165sou.jpg

当分楽しめそうです。

今年もお墓のはしご

自主練

comment iconコメント ( -2 )

竹馬が出来たり、今年はそうめん流しが出来たり、器用なおじいちゃんが居ると お孫ちゃん迄楽しい生活が送れるんですね?
「竹を取ってくるわ」と出掛けられるおじいちゃんの後ろ姿、皆さん尊敬の目で見ておられる事でしょう。

名前: モッチ [Edit] 2014-08-16 22:37

もっちさん、こんばんは。
そうめん流し、好評だったようです。
立つ位置によって当たりはずれがある・・・ということでじゃんけんで順番を決め交代したのだとか。(笑)

竹馬はまだ完成していません。いろいろ工夫がいるみたいです。
夏休み中に完成させるのが目標なんですけどね。間に合うかしらん?

名前: E-KOMO [Edit] 2014-08-17 21:27

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。