フルートと、プールと、混声合唱団と、小さな菜園、そして孫・・・日々のあれこれを綴ります。
昨夜、夕食の後片付けが終わってホッとしていた時、風呂場にいた夫が「水道の水が茶色や~」と言う。
お風呂にお湯をためていて気付いたらしい。
慌ててキッチンの洗い桶にためた水も濁っていた・・・・

食べ物に使う水は浄水器を通し、洗いものは、普通の水道水を使っている。
何時から濁ってたんやろ?
浄水器を通しているとは言え、飲んだり食べたりした水がきれいな水だったという保証はない

すぐにお隣さんに電話。「濁ってない」って・・・
それから水道局にも問い合わせてみた。
9時頃だったけれど警備の人が出てくれた。
警備の人が、近隣の工事情報はないので流しっぱなしにして様子を見てくれという。
幸い、しばらく出していたら濁りはなくなった。

今朝、水道局の係りの人が来てくれた。
夫が、風呂水を排水した後の底にたまった汚れをキッチンペーパーに残していて、それを見せて、原因は水道管の錆だと判明した。

水道局の人の話では、暑さのせいで水道水の需要が増えて、一気に流れると水道管に付着していた錆が流れ出すことがあるのだとか。町内の同じ通りで数軒濁り水の通報があったのだそうだ。
それを受けて、水道局では朝から何か処置をしてくださっているらしい。

錆なら、浄水器で濾せているはず。よかった~。
それにしても水道局って、24時間体制なんだね。丁寧に対応してもらえてホント助かった。


【2014/08/07 10:57】 | 日々のこと
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可