先日のアンサンブルの日、最寄りの駅から電車に乗りました。
休日ということで、車内はけっこう混んでいて、立つつもりで乗ったら、男の方が何も言わずにスッと席を立たれて・・・。
周囲の様子から私に席を譲ってくださったのだとわかり、「ありがとうございます・・・」声をかけて座らせていただきました。

次の駅で、髪の白い年配の女性がお二人乗ってこられて私の前に。
すぐに、私の横に座っておられた、先ほどの男性のお連れの女性がこれまた黙ってスッと立たれ、隣の席が空きました。
年配の女性のお一人が「どうぞ」、もう一人の方に声をかけられたのですが「けっこうです」・・・それから譲り合いになり・・・お二人共、引っ込みがつかなくなってしまわれたんでしょうか、「私、座るの嫌いですから」というような言葉まで聞こえてきて・・・。
結局その席は、終点までの4駅の間だれも座らずじまい。
席を譲ってくださったお二人も、年配の女性お二人もそれぞれ終点で降りて行かれました。

せっかく譲ってくださったのに、お気持ちを無にすることになってしまって。。。同世代として恥ずかしいような、情けないような何とも言えない気持ちで電車を降りました。

皆でやればできる!

ベートーベンの<B>

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。