レッスン記録・復習シリーズ
タファ・ゴベ
<息のスピードにあったタンギングで。低音と中音ではタンギングのスピードも変わる。>ができているかどうかチェックしてもらった。
課題はできるようになってきているけれど、ここでもフレーズ感が必要だそうで・・・ただの音出しとしかとらえていなかった・・・

ケーラーNo7 ◯
後半、力が入って音に芯が無くなり、響きがなくなってしまうのがもったいない、って。
例えば、膝は柔らかいか?つっぱっていないか?吹いている途中で力を抜く方法を教わったけど、簡単にはできそうにないなあ~。

タイス
前の発表会で、これくらい吹けてたらよかった、って。
吹きたいと希望して吹かせてもらったけど、今になってようやくそれらしく吹けるようになってきたンだそうだ。吹きたいと選んだ曲は、いつもちょいと背伸びの傾向があるみたいで。でも、自分としては取り組めたことでささやかに満足しているんだから・・・。ま、いいか。(苦笑)

力を抜く、体を使って吹く・・・目いっぱいお腹を使って吹いても吹ききれないところが出てくるのでそんな時は、体全体を使って吹くとよい。どう使うか、今後の課題になりそう・・・。

次回から、秋の発表会の曲選びにかかる。

 コンクール聴いてきました

生まれました~!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。