トップ  >  フルート  >  レッスン記録・・復習シリーズ

レッスン記録・・復習シリーズ

2014年05月04日

新しい楽器を使うようになって4か月。
楽器に慣れることも兼ねて、レッスンは相変わらず復習シリーズ。

ケーラーNo6
中音から高音への1オクターブの跳躍は、何とか◯がもらえるような音で吹くことができたけれど、次はやっぱりあの部分が問題。高音から中音へ跳躍で下がってくるところ。よい音では吹けずずっと気になっていた。
タンギングの強さではなくお腹の使い方で良い音を出す・・これをマスターしなければ・・・。 この吹き方は以前はできていなかったところだ。


春の歌:メンデルスゾーン
前にやった曲だけれど、少し速い曲もやっておこうということで練習しました。
修正ポイントはまあまあの出来だったようで、もう少し吹き込んで、来週仕上げの予定。
それともう1曲、「タイスの瞑想曲」。
こちらも数年前の発表会で吹いている。

今やる目的は当然、どう歌うかということ。
以前よりうまくなっていなければならない。今できることをみんな使って吹かねば!できるかな?

助手? | トップページへ戻る | 初めての作品(苦笑)

このページのトップに戻る

コメント

熱心ですね

フルートやってますね。
私も「春の歌」は、歌うのが難しいです。いつまでたってもスムーズに音が流れません。「タイス」も、これでは瞑想は無理。

アルテ31課の曲が長いので、なかなか終わりません。この分だと後半年ほどかかるかな。まぁ焦らず、一歩一歩です。

コメントの編集

山栗さん、こんにちは。

数年前があまりに酷くて、その時よりはましに吹けるようになりましたが、<歌うこと>の難しさは、いつまでたっても変わりません・・・。

エチュードも行きつ戻りつ、アルテ二巻には、なかなかたどり着けそうもありません。おそらく無理ではないかと(^_^;)
私の方も、それなりにですが、一歩一歩というところでしょうかね。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。