ケーラーNo6
中音から高音へ1オクターブの跳躍がたびたび出てくる曲です。シ→シ ミ→ミ ファ→ファ ソ→ソ・・・どうしても苦しい音になってしまう。 
CDの解説には<風のように駈けぬける>とありました。私の吹き方では、まったくさわやかな風が吹き抜けるイメージにはならない・・・。

レッスンではその点をしっかり教わりました。そうか~、分かった!後は、吹きこむだけ。来週にはちょっとマシな風を吹かせたい~。

春の歌:メンデルスゾーン
前にやった曲だけれど、少し速い曲もやっておこうということで練習しました。
修正ポイントがいくつか。
前よりましだけれどでも、もっと軽やかさを出したい。タイがついてテンポの甘いところが少しある。20小節目からの変化をもう少し出す。最後のスラースタッカートの部分の吹き方・・・

これらをきちんとやって、来週には仕上げたい。

山蕗の佃煮

さすが、月末水泳!!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。