中嶋康子
 ~花笑みのソプラノ      ピアノ 寺嶋陸也

歌の翼に:メンデルスゾーン
愛の歌:シューマン
あした:シュトラウス
星の組曲:寺嶋陸也(詩:谷川俊太郎)  星の囁き
                    星の勲章
                    星と砂
                    私の星座
                    星の旅
   
二月の街:寺嶋陸也(初演)
「天地創造」より“いまや野の新緑が”:ハイドン
春の声:シュトラウスⅡ
「メリー・ウィドウ」より“ヴィリアの歌”:レハール

アンコール
     手紙:寺嶋陸也(詩 鈴木敏史)
     魚のいない水族館:林 光(詩 佐藤 信)


声楽のソプラノを聴きに行くのは今回が初めてでした。
合唱で、日本語の響かせ方というのを習い始めたところで、プロの方はどんなふうに歌われるのか生で聴いてみたいと思ったからです。もちろんずぶの素人がちょっと聴いたからと言って参考にも何もならないのはよくわかっていました。でも、響く日本語の歌声の美しさを聴いてみたかったのです。

日本語の歌はどれも初めて聴く曲ばかりでしたが、歌詞がよくわかりました。本当に美しい響きでした。普段使う日本語がきれいに聴こえたとでもいうのでしょうかね。歌っている方の思いもじかに心に伝わってくるようで・・・。

今回、日本語の曲はアンコールの林 光さん(亡くなられたんでしたよね・・・)の作品を除いてすべて、伴奏をなさった寺嶋陸也さんの作品でした。
寺嶋さんのピアノは、以前に一度聴いたことがあって心に残っていました。
寺嶋さんのピアノをもう一度聴いてみたい・・・実は、そういう思いもありました。

歌い手さんに寄り添うようなピアノ伴奏とでもいうのでしょうかね。「星の組曲」ピアノも歌もそれぞれが繊細に歌っていてそれでいて一つの美しい音楽の世界を作り出しているとでもいうような・・・

「ヴィリアの歌」では、あのメロディーのところで、中嶋さんに求められて客席も歌いました。オペラを知らない私でも聴いたことがある美しいフレーズをハミングで・・・いやぁ、素敵でした~。

秋に、お二人を含むメンバーで、林 光さんの曲を中心にしたコンサートをなさるのだとか。聴いてみたいな~。

眼鏡いれ

新しいウエア

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。