エチュードも曲も、同時に二つも◯をもらいました。
昔からずっとそうでしたが、修正しなければならないことがあまりに多くて、取り掛かり始めると数週間かかるのが普通でした。だから、二つも◯をもらうことはめったになくて・・・

ケーラー1巻・No5

前回の修正点も何とかクリアでき、あくまで私レベルでの話ですが、<エチュードとして、ケーラーさんが怒らない吹き方>ができていたみたいです。

ラルゴ
「きれいにまとまっている。欲を言えばもう少し冒険する部分があってもよい。けど、一応仕上がった」ということでした。
低音・中音の響かせ方とフォルテの出し方、ブレス前で落ちないようにし、フレーズをつなぐこと・・・この曲で分かったことがいろいろあります。「ここで学んだことをほかの曲・エチュードでも使えるように・・・」先生からはそう言われました。(「ほかの曲でも・・・」う~ん、大切なことなんだけどなかなかできないんだよね。

  
以前やっていて最近は休んでいた『タファ・ゴベ』をお願いして、再開してもらうことにしました。
指が気になり始めたこと(パタパタ動いてしまうのでキーから離れない動くようにしたい)のと、タンギングの粒がそろわないし、ダブルになると口元も安定しなくなる、その二つの理由からです。
レッスンでは両方すると時間が足りなくなるので、モイーズとタファネルを交互に見てもらうことにしました。

この年で今さらやっても仕方がないかな~とも思うのですが、まあ取りあえずやってみようかと・・・

合唱のカラオケ

月末ではないのに~

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。