トップ  >  音楽のこと  >  デュオ リサイタル

デュオ リサイタル

2014年04月10日

 チェロとピアノのデュオリサイタルを聴いてきました。

               IMG_0070.jpg

~ルイス・クラレット(チェロ)
  岡田 将(ピアノ)~

<プログラム>
アダージョとアレグロ;ルイジ・ボッケリーニ

チェロとピアノのための5つの作品;パブロ・カザルス

チェロとピアノのためのソナタ 第3番 イ長調 作品69;ベートーヴェン

愛の言葉;ガスパール・カサド


400席足らずの小さいホール。でも、音響がよくて、ホールのどこに座っても聴きやすいので好きなホールです。

チェロは艶のあるやさしい響きでした。
ルイス・クラレットさんは、私でも名前を知っているあのカザルスに名前を付けて貰われ、その影響でチェロを始められたのだとか。世界を舞台に活躍なさっている方なのだそうです。

ピアノの岡田さんの演奏を聴くのは今回が初めて。輝かしい実績がうなずける演奏でした。

ピアノとチェロの音がしっくり合っていて・・・、とても心地よい時間でしたね。

アンコールは三曲。
はじめの二曲は知らない曲でしたが、三曲目はピアノの前奏でああやっぱり・・と思いました。
カザルスの「鳥の歌」でした。チェロの響きが美しい~。目を閉じて聴いていました。

レッスン記録・ケーラーさんが怒らない吹き方 | トップページへ戻る | アンサンブルレッスン

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。