5月の本番に向けて、先生にお願いして臨時レッスンを入れてもらっていました。
レッスン場はいつもと違って先生のスタジオ。
スタジオを知らないメンバーもいたので梅田で待ち合わせて行きました。

最初は何時ものように音出し。
それからすぐに曲<コンチェルト;BOISMORTIER;5重奏>に入りました。
1楽章 Adagio 音のバランス、明確なタンギングが必要な部分・トリルの合わせ方。
単調な響きから、少し品のある響きに変わったでしょうかね・・・。

2楽章 Allegro 楽譜では4分音符=104となっていたけど、この速さではちょっと無理。16分音符のタンギングの連続等で残りの4つのパートを聴く余裕がなくなってしまって・・・合わせ方を何度も練習し、最終的には96くらいの速さで吹くことになりました。

本番までレッスンは残り1回のみ。
でも、2時間みっちりとレッスンしてもらったおかげで、自分の課題も見えてきたし、全体の音の動きがつかめて気持ちの余裕が出てきました。なんとか合わせられそう・・・後は個人練習を積むのみ。

練習が終わってから、みんなで先生が入れてくださったお茶をいただきました。
スタジオには、ピアノ・山のような楽譜の棚があり、手作り品や写真、観葉植物、それに記念の品やかわいいものもいっぱいかざられていました。パユさんとのツーショットのお写真も・・・
それほど広くはないけれど、アンサンブルのメンバー8人で演奏するには十分の広さで、ちょっとしたキッチンもついていて・・・先生のお城?皆、寛いでしまっていました~。

デュオ リサイタル

レッスン記録

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。