発表会が近くなってきました。

レッスンの最初は、先生の伴奏で、一通り通しました。
吹き終わって、
「やっぱり、あかんわ~。出だしがうまくいったらけっこうすんなり進んだりするんですけどなかなかうまくいかなくて~。」(みっともない言い訳!
先生につい、こう言うと、「吹いている途中で、うまくいったの、失敗したの、そんなこと考えてたら駄目です。考えないで吹けるようにしてください。」と言われてしまいました。
そういえば昨年の見事に失敗した発表会でも、<反省会>を開きながら吹いてしまった!
また同じことをしているみたいです・・・・(汗)


そのほかアドバイスされたこと。

*とにかく息をたっぷりと取ることを心がける。無理に伸ばそうとせず、切ってブレスした方がよいところも見られる。ゆっくりでよい。ピアノの方で合わせる。歌う系の曲はブレスをしっかりとって吹かないと失敗する。ピアノとの合わせはそのためにしているんだから。それと、笛に合わせようとしているピアノを聞いてしまっているので、ますます遅くなってさらに息が苦しくなってしまう。ブレスを考え、自分で音楽を進めること。

*トリルのところで音楽の流れが途切れないように。
*カデンツをどう吹ききるか、もう少しカデンツの全体を考えておくこと。
*問題の18連符、29連符・・・はゆっくりでもいいので、それぞれ山を作って吹けばそれでよい。
*中間部の中音は、ちゃんと切り替えて吹くこと。
*ブレス前のきり方。

主なところは、これぐらいかな?
とにかく、がんばらなきゃ!!!!
 

フルートリサイタル

匍匐前進

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。