アンサンブル“L”で介護老人保健施設を訪問しました。
入所なさっている方々に聞いてもらった曲は、

シンコペーティッドクロック
童謡メドレー
朧月夜
埴生の宿
アロハオエ
テネシーワルツ
水戸黄門の主題歌
リンゴの唄
エーデルワイス
高原列車は行く

一緒に歌ってもらえるような曲も、と考えて準備していました。
黙って座っている方がほとんどだったけれど、ちいさな声で歌ってくださる方もいらっしゃったし、歌わなくてもそっと手拍子をしてくださる方もいらっしゃいました。・・・その中で介護の職員さんが元気いっぱい我々の演奏を支えてくださっていて・・・義母の施設と同じ雰囲気でした。

一番盛り上がった?のは「水戸黄門の主題歌」。
職員さんからのリクエスト「どんぐりころころ」は楽譜がなかったけれど、急遽アルトフルートの方が伴奏を入れてくださってなんとか要望に応えることができました。


他のメンバーさんは、もう何回か演奏なさっていて様子がよくお分かりだったのですが、私は施設で演奏するのは初めて。
演奏しながら、突然、田舎で施設に入所している義母のことを思い出してしまいました。
思わずじわ~っときてしまい、自分でもびっくり。
けっしてよくできた嫁ではなかったけれど、でも、自分なりに一生懸命にさせてもらったという思いもあって・・・

母が一番先に逝き、ついで父、一年後に義父が旅立って。
母に対しては、子供が幼かったせいもあって十分にしてあげられなかったという悔いが今も残っています。
義母については、今の方法しかなくて・・・でも、ちょっと複雑。。。


夫、私(いささか疑問符付きですが)、プラス強力な助っ人をお願いして、義母の施設で演奏できたら・・・などと夢のようなことを考えたりしているのですが・・・・。











レッスン記録

丹後半島へ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。