合唱団で、一月位から混声合唱曲「山のいぶき」に取り掛かっています。
You Tube で聴くと、流れるようなピアノ伴奏がかっこいいし、壮大なスケールを感じさせる美しい曲です。

合唱団は全員そろっても9人。
男性2人と女性7人の、私も含めてそのほとんどが合唱初心者の集団で、まあいえば本物の合唱曲が歌えるのかしらん?けど歌えたらうれしい~ずっとそんな気持ちで練習していました。

練習のある日は、家で復習。予習もちょっとだけして練習に出ていました。
わたしからみれば十分に大曲ともいえる曲で、初めて本格的な合唱曲に取り組んだというワクワク感もありました。
その曲を、少しずつ分けて練習して、今回、ようやく全員で最後まで音取りが完了。
この間の練習で初めて、最初から最後まで通して歌いました。

いやあ、もう自分のパートを歌うだけで精一杯でした・・・
途中ちょっと迷いそうになったけれど、何とか踏みとどまれたつもり・・・

まだ大きな声で歌っているだけだけれど、気分はなかなかいいのです。
指揮者からいつも言われる「響く声」もちょっとだけだけれど出せたような気がしていて、捨てたものでもないなあと・・・(ちょっとちょっと、いくらなんでも厚かましすぎるんちゃう?)

これから、どんなふうに仕上げていくのか、とても楽しみです。


レッスン記録

くぎ煮

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。