フルートと、プールと、混声合唱団と、小さな菜園、そして孫・・・日々のあれこれを綴ります。
家のまでの道路は、いつもならけっこう車が通るのに今日はまったく通らなくて・・・雪の上にはけっこう深い足跡だけ。そんな中を車で出て坂道を下る勇気は持ち合わせなくて、結局夫に送ってもらいフルートのレッスンに行ってきました。


モイーズ:24  No11
新しい楽器になって初めての課題。それぞれの音にあった息のスピードで同じ音の太さで吹くこと。音が高くなっていく時は何とか対応できる。下がっていくときの方が難しい。

ケーラー1巻
No2 
跳躍の準備できていない所があるので注意する。一応○

No3
中音の音の密度が不足、もっと響かせる。
先週、吹きすぎを言われて修正したつもりだったが、きちんとできていなかった・・・
高音、低音はよくなっているけれど、中音が鳴らせていないとのこと。
何度も吹きなおしてようやくOKが出た。


リングということも多少はあるが、そのせいで鳴らないのではなくて、結局はお腹の支え、お腹の使い方の拙さが原因。

響く音で吹けるようになっていた発表会の頃の音にやっともどってきましたねえ~って先生に笑われた。
来週もう一度きちんと仕上げてくること。

「アリオーゾ」
先生に伴奏していただいて終了。

次週は、ヘンデル「ラルゴ」
こちらもゆっくりとしたテンポで音の響きを大切に。

【2014/02/14 15:06】 | フルート
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可