先日のレッスンは、北海道で遊びまくった影響が見事に出てしまって・・・無残な状態でした。(汗)
エチュードは、息のスピードで吹いてしまっているし、指も定まらなくて、音がスカスカの酷い音でしか吹けませんでした。
「アリオーゾ」だけは、ゆっくりしたテンポの曲で指に余裕があるせいかマシな音で吹くことができたけれど。

チャンと構えないとリングキーは鳴らないからと、改めて楽器の構え方もチェックしてもらいました。

右手の指を脱力してキーを押さえる。指はフルートに対してはほぼ直角の角度。その状態で親指の指先を管体に当てると親指が無理のない、よい位置になる。
左手は、小指がGisキーの付け根あたりまで届くように構える。こうすることで左手の指の腹の部分が安定してリングに当たりやすくなる。

注意されたのは、右手薬指。
中指と薬指の間隔が寄ってくる傾向があって、薬指の位置が少しずれるし、動きも遅れがち。カバードキーの場合は少しくらい遅れてもキーに触れさえすればキーは閉じたけれど、リングはきちんとふさがないと正しい音がなってくれない。

十数年でついてしまった癖をいまになって、直さなければならないのはいささか辛いけれど、自分自身で望んで始めたこと。少しでもいい音で吹けるようになりたいもの。努力しないとあかんよね。根気強く、粘り強く・・・。

雪!

孫とピザ作り

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。