白内障の手術後、状態が落ち着いたら眼鏡を作り変えようと思っていました。

視力そのものは老眼に合わせてレンズを入れてもらっていましたからあまり変わらなかったのですが、前回眼鏡を作った時に比べ、乱視が進んでいて少し見えにくい感じがあったのです。手術後の見え方が落ち着く秋ごろを予定していました。それにそのころに眼鏡店のセールがあるはずやし・・・と、案内が届くのを待っていたのです。

先日、行きつけの眼鏡屋さんからセールの案内が届きました。それも40周年記念セール!
何と、レンズはほぼ半額。フレームも30~70%割。
いやあ、待っていたかいがありました。
日常使う<遠中近めがね>は、せっかくのチャンスなのでフレームも新しいのにし、パソコンや楽譜を見るときに使う<近近めがね>はレンズだけ交換してもらうことにしました。

注文が終わって金額を計算してもらう段になって、店員さんが「近々、商店街でプレミアム金券を販売するのでそれを使うともっとお安く買えます」と教えてくれました。商店街にあるスーパーでは金券は使えないという説明もありました。
土・日の二日間に限り、4000円で5000円分の金券と交換、一人につき2万円分まで交換できるということでした。ビッグチャンスやんか!!

土曜日は夫と二人で、日曜日は夫が行けなくて一人で交換に行きました。「二万円までしか交換できないんやったねえ?・・・」、なけなしの勇気を振り絞って聞いたら、(大阪のおばちゃんですけど、さすがに冷や汗もんでした)「こそっと来てくださったら大丈夫~」店員さんがそう言うので、買い物が済んでから、こそっと行ってもう一人分交換してもらいました。
金券を売る側も、その日のうちに金券をすべてさばいてしまいたいという思惑があったようです。

今日、出来上がっためがねを引き取りに行ってきました。
IMG_1456.jpg
遠中近めがね、フレームはえんじ色、ツルのところに少し飾りがあって、模様も入っています。
少しだけ若返ったかも・・(苦笑)

自治会館で音楽会

アンサンブル レッスン

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。