「発表会のプログラムの第一次原稿ができた」と、レッスン前に先生が教えてくださいました。

私が毎年出ているのは、フルート教室の大人の生徒ばかりを集めた発表会で指導してくださる先生も何人かいらっしゃいます。
曲の難易度とかを考え、その年の担当の先生が出演順を決められるのだとか。プログラムはかなり早い段階から作成に取り掛かられるようです。

先生の話によると、今年の私の出演順は、Mさんのすぐ前だとか。Mさんは、先生の一番の生徒さんで、音大生かと思うような、いつも見事な演奏をなさる実力の持ち主の、お若いママさんなのです。見事に緊張する私にはもっと前の方が良いと先生も思ってくださったようで、可能かどうかわからないけれど取りあえず校正のペンを入れておいたとおっしゃっていました・・・(冷や汗)

発表会の当日は、いつもまるでぶっつけ本番状態です。ステージが始まるとみんな客席で順番を待ち、出番3人前に舞台袖に移動、本番を待ちます。音出しが全くできないのです。20数番目とかになると、とてもつらい。他の人の演奏を聴く余裕などなくなってきます。前の方が間違うと同じように苦しくなってしまうし・・緊張がさらに増してしまいます。昨年は、プログラムが始まる前にその会場の客席で20分ほど音出しをしただけでした。もちろん、リハーサルなどというようなものはありません。出る前にちょっとでも音が出せたら、音を出しながら待てたら、緊張が少しぐらいマシになるかも・・・いつもそう思います。

そんな状態でも、見事な演奏をなさる方はなさるわけで・・・、しかも何人もいらっしゃいます・・・ほんと凄いと思います。
そしてこれは、主催する楽器店の方針なので、何ともできないのだそうです。


さらにもう一つ困ったことが・・・
当日知るより今のうちにわかっておいたほうがよいのではないか?これもあがり症の私の気持ちを考えて教えてくださったようです。
実は、息子の中学校時代の吹奏楽仲間がフルートの講師をなさっていて、(このことはよく知っていましたし、リサイタルも聴かせていただいていました)今回初めてその生徒さんが同じ発表会に出演なさるのだとか。
「誰にも聞かれずに密かに吹いて終わってしまいたい・・・」発表会前にそんな話をよくするので、緊張の種がもう一つ増えるかも・・・と、気にしてくださったようです。聞きに行くと言ってくれる友人には、いつも丁重にお断りしています。


これらのことは、他の方には、どうってことない状況なのかもしれませんが、蚤の心臓の私には早くもプレッシャーで。
この日の「ロマンス」の出来栄えは、日頃にもましていまいちでした。
さらに、教えていただいたことは、すべて音色の問題。今の私にはすぐには改善できそうにないことばかりのような気がしてきて・・・。

帰宅後、夫が用意してくれていた遅い昼食。美容院でカットの予約が取れたので行き、夕食はいつものように孫たちとワイワイ・・・。 少々


まあ、またボチボチやりますか・・・・

気分転換になりました。

孫の幼稚園の運動会

comment iconコメント ( -10 )

お久しぶりです。
発表会は11月ですか?
後輩の私が言うのもなんですが. .
KOMOさんはいつも充分練習されてるから
絶対大丈夫と思います。
頑張ってください(^o^)/

名前: noko [Edit] 2013-10-13 06:16

nokoさん、ありがとうございます。

毎年発表会が近づくと、追い込まれた気分になってくるみたいです。
先生は、もう少しましな演奏をといろいろおっしゃってくださるのですがなかなかできてこないからです。
一応努力して、それでもできなければ、「また今度、今年はもういいや~」と開き直れたらいいんですけれどね。

それから、あの~、nokoさんに先輩扱いされると、おしりがムズムズしてしまいます。(苦笑)経験年数からだけ言えばそういうことになるのかもしれませんが、中身が(汗)・・・ただ長く続いているにすぎないだけでして・・・。i-229
「おばさんのフルート仲間」ということで、これからもよろしくお願いしますね。i-236

名前: E-KOMO [Edit] 2013-10-14 11:05

こんにちは

 E-KOMOさんがレッスンの日は私のアンサンブルの日なんですね。E-KOMOさんの読みの通り(笑)、今のところ皆勤賞です。

 発表会が近づくと演奏のことはもちろんですが、それ以外のいろいろなことが頭をよぎるのはE-KOMOさんだけではないです。でも自分の思っていることを全部このブログで吐き出されたのできっともう心配ないですよ。肩の力が抜けたのではないかと思います。

 先週のレッスンで言われたのは、39~40と41~42の3Fisの音を最高に聴かせるためにために、39と40の頭のFisで隠し息をとってもいいということです。私は続けて吹いていましたが当たりははずれがありました。御参考まで。

名前: あお [Edit] 2013-10-14 17:05

あおさん、こんばんは。

アンサンブル、楽しんでいらっしゃるようですね。合奏はもちろん楽しいですが、その他に、メンバーの皆さんとフルートの話ができることも楽しみの一つです。終わってからランチをご一緒したりしているんですよ。「あがる」話ももちろんよく出てきます。(苦笑)
同じ発表会でもその少し前に予定されている合唱の方は、楽しみで・・・。一人と多人数という違いはもちろんあるのですがね。いい年して、心の持ち方をもうそろそろマスターしてもよい頃なんですけどね。

えっ~と、隠しブレスですね。私は、39・41の最初のFisの後で取ってます。そしてそのあとは心持ちゆっくり目のテンポからカデンツをスタートして吹いているんですけど・・・そのことでしょうか?
また、理解力不足のようで・・・すみません。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-10-14 23:09

こんにちは

 理解力不足なんてとんでもございません。楽譜見直しましたら、E-KOMOさんのおっしゃるとおりです。本当に申し訳ございません。私のミスでございます。大事な時に、間違った情報で混乱させてしまったことをお詫びいたします。お許しの程を。

 何週か「ロマンス」を吹きましたが、この3Fisは言われなかったのですが、先週はちょっと醜い音を出してしまったので、先生がアドバイスをくださったのだと思いますが、E-KOMOさんは最初からちゃんとやってらしたのですね。今日私もやってみましたが、楽になりました。

 「あがる」、お話が出るということですが、教えて頂きたいことが。アンサンブル、11月の初めの文化祭の出演ですが、あがるというか緊張して音を間違えて皆さんに新参者がご迷惑おかけしたらと心配です。個人演奏は自分だけに責任を感じればよいのですが、アンサンブルはどうなのでしょうか?E-KOMOさんの方はそういう時お互いにどういう対応しますか?教えて頂けると気が楽になりそうです。

 月4回ですが、先生のいらっしゃるのは2回で先々週先生がいらっしゃったら見事に緊張しました。最初の3E♭が出たのか出ないのか自分の音が聞こえませんでした。E-KOMOさんは緊張するとどういう症状が表れますか?私はまずのどが渇いて音が出しにくくなります。フルートって音さえどの音も出れば、指は単音だし簡単に思えますけどそれが一番むずかしいですよね。毎日吹いていても日によって違ったり。

 ご主人といろいろアドバイスし合えるっていいですねえ。発表会も、きっと良い時はともに喜び、今一の時はともに励まし慰めあい、おいしいコーヒーとケーキで素敵な時間を。もう何も心配しないで、頑張ってくださいね。

名前: あお [Edit] 2013-10-15 16:11

あおさん、おはようございます。

音楽のことを言葉で表現するのは難しいですね。ブログを書きながらいつも思います。あ、難しいのは音楽だけに限らないかもしれない・・・どんなことでも、言葉で伝えるのは難しいですから。(汗)

テンポはどれぐらいになさっていますか。私、スタートは66~72くらいの間で、その後はテンポが多少揺れる感じで吹いています。息が、無駄遣いも多くて、続かないものですから、ブレス記号がついていなくても、音楽的になんとか許されるところではとっても良いことになっていて・・・。カデンツのところもそんな具合で、無理せず音の方を優先しようとそういう吹き方になっていました。

アンサンブルの初舞台は、5月でした。
その時は、私にしては珍しくそれほどあがらなかったように思います。
レッスンの時、「間違ってもいいのよ~、楽しんで吹いてね~。」先生はいつもそうおっしゃってくださるし、音のミスも見逃してくださるので気持ちが楽に吹けたのかもしれません。それに最初から在籍していたので、厚かましく吹けた?(苦笑)私たちのグループ、メンバーの半数ぐらいが途中から加入された方々です。
実際、演奏中にちょっとした事故も起こりましたが、「楽しかったね~」みんなで拍手して終わりましたから。ミスしないように努力はするけれど、そのあとはお互い様、っていうことで良いのではないでしょうかね。

最初の音が3E♭?苦しいですね~。1stですか?
あがった時の症状には自信があります!(苦笑)まあ、いろいろ出てきますネエ~
ブレスが浅くなって、重心が上にあがってくる、肩や指に力が入ってくる、唇が震える・・・。
「うまく吹こうとするからそうなるんや、今さらきばっても、普段通りしか吹けへんのやから。」・・夫の言葉です。
でもね、内緒ですけど・・・この間の夫のレッスンの時、「奥さんがついてきているから緊張してる?いつもと違うよ~」先生に笑われてはりました。v-392

名前: E-KOMO [Edit] 2013-10-16 09:32

こんにちは

 「ロマンス」、私は74前後くらいで吹いています。それでも気を付けていないと息継ぎをしたくなるのを我慢することがあります(笑)。

 E-KOMOさんのご主人のお話いつも楽しくて声を出して笑っちゃいます。「うまく吹こうとするからそうなるんや、今さらきばっても、普段通りしか吹けへんのやから。」・・私も主人に言われます。「じゃあなたもやってみなさいよ」って言いたくなりますけど、E-KOMOさんのところは同じ楽器をやっているので言い返せますね。それだけでもストレス解消になりますものね(笑)。

 アンサンブル、初めて行った時、メロディパートの方が裏打ちとか休みがない分吹きやすいかと思って、主に1stを練習していったので何となくそのまま1stを吹くことになってしまいました。先週は先生がいらっしゃらない日だったので、もう一人の1stの方が、私が手拍子をとるからと吹かなかったので、私一人で全曲吹くはめに。めちゃめちゃ緊張しましたけどやはり一人で吹くことの方が慣れているせいか思う存分吹けたような気がします。相手の方も手を叩いて素晴らしいと言って下さいました。きっと先生がいらっしゃらなかったのが幸いしたのかもです

 何せ入会1か月ちょっとで初舞台なので当日はどうなるのか心配ですが、何事も経験ですね。E-KOMOさんのご主人の言葉を胸に言い聞かせて、謙虚な気持ちで吹けばいいのですよね。

名前: あお [Edit] 2013-10-16 13:17

あおさん、こんばんは。

1stを、一人で、全曲。いやあ凄いです。それも気持ちよく吹けたのならもう何の心配もいらないのではないかと思いますが。
そこまで吹けていたら、周りの方の音を聴く余裕も出て来るでしょうし、さすがです。

初舞台、楽しんでくださいね。


名前: E-KOMO [Edit] 2013-10-16 20:52

こんにちは

 全曲といっても7曲で22~23分です。E-KOMOさんは長くやっていらっしゃる分、皆さんと気心が知れて、リラックスできているのかもしれませんね。帰りにランチに行ったり、いいですね。私は金曜日の夜なので、次の日の自分のレッスンが気になってあとの飲み会に誘われても断っている状態です。そういうのに参加するようになるときっと演奏にも力が抜けるかもしれませんね。

 今のところ、1stが3人そろうと自分の音が聞こえないので心配になり、吹きすぎているような。2nd,3rdの音も聞こえない状態です。なので結果、緊張してしまいます。まだまだ、ダメです(ガーン)。

名前: あお [Edit] 2013-10-17 13:02

あおさん、いくつかのアンサンブルを、それも少しずつ体験していますが、今のところが一番しっくりするように思います。
少人数で、年齢層がほぼ同じ、フルート経験も似たり寄ったり・・・そんなところで気が楽になれるのかもしれませんね。それに、先生もほぼ同じ年齢層の方で、経験豊富、気遣いは細やかだけれどおおらかにゆったりと見てくださっているので安心して吹いていられるとでもいうのでしょうか。ありがたいことです。

聴きあうのはとても難しいですね。
一番最初、チューナーを用意していましたが、いらないと言われました。
「聴きあって~」と、演奏中にもよく言われます。
曲の最初は、各パートの一番目の音、二番目の音・・・と一音ずつ、2小節位吹いて響きの変化を確かめるようなこともします。これは音楽が動いて変わっていくときにもよくします。
こんな練習で少しずつ周囲の音が聴けるようになっていくのでしょうね。
4つパートがあったら、4つとも見てくるのが宿題です。これも「他のパートを聴く」ことには役立っているかもしれません。
聴きあうことがアンサンブルの基本だけれど、なかなか難しいです・・・(泣)

名前: E-KOMO [Edit] 2013-10-18 21:16

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。