フルート・レッスン記録

「ロマンス」
カデンツ後のトリルの部分、ピアノとうまく合わせられないのがずっと気になっていた。
レッスン前、フルート譜にピアノ伴奏のリズムを書き込んでおいたのが役立った。
何回か弾いてもらって、やっと装飾音符の部分も含め、なんとか合わせられるようになった。

そのあとは、♯2つの部分を詳細に。
テヌートのついた四分音符の吹き方・・・お腹を使って軽く、かといって吹きっぱなしではない。もっと明るく楽しげに・・・。1オクターブの三連音符・・・。
細かく直してもらって吹いてみると、音楽が確かに変わる実感がある。

譜面そのものは、一部分を除いてそれほど難しい印象はない。けど、細かい吹き方・表現がやっぱり難しい。
「難しい曲ですよ。チャレンジしてみますか?」と先生がおっしゃった訳が吹き込めば吹き込むほどわかってくる。


コメント

こんにちは

 「ロマンス」、とても参考になります。ブログを通じて同じ曲をやるっておもしろいですね。お互い得意、不得意なところが違っても通じるものがあってうれしいです。私も昨日レッスンで吹いて、自分ではまあまあという気分でいたのですが、先生曰く「これでやっと譜読みがおわった段階ですね。これからは色を付けていく段階に入りましょう」と。自分では色も付けて吹いたつもりが、そうは聞こえていなかったのだと(トホホ)。でも顔では「はい、そうなんです」と。頷きました(苦笑)。

 E-KOMOさんはきっともう色が大分ついている段階だと思います。
 E-KOMOさんがおっしゃるように吹けば吹くほど難しい曲ですが、遣り甲斐もあるかもしれません。発表会が終わる頃にはきっとひと回りもふた回りも大きく成長できそうですね。
 

あおさん、こんばんは。

色を付けるのは本当に難しいです。私はもともと苦手な方なのでこの曲は、非常に勉強になります。一音一音無駄にできないというような感じがしてます。
お互いに、<ひと回りもふた回りも大きく成長>できるよう頑張りましょう。

この間、「ロマンス・転調」で検索して、面白い記事を見つけました。
あるフルーティストが先生に転調の所についてお尋ねになったそうなのですが、その答えが
「新しい恋人ができたところ・・・」だったとか。
恋人の経験が少ないんで・・・、わかるようなわからないような???

こんばんは

 「恋人の経験が少ないんで・・・ 」少ないならいいですよ、私なんてほとんど記憶にないですから(笑)

 「新しい恋人ができたところ・・・」今日の練習の時、仮想しながら吹いてみましたら、何と何かすごく明るい気分になって明るい色で吹けたような。いい表現を教えて頂きました。

 今週のレッスンが楽しみです。変わったと言われるといいな~。

あおさん、こんにちは。

あおさんはさすがに仕上がりが早いですね~。私はもう半年以上吹いていて、でも、まだウロウロしている状態で・・・。(汗)新しい恋人の話、面白いですよね。今度のレッスンで先生にお話ししてみようかと思っています。v-392

「色を付ける」ことについての先生のアドバイスで、私でもできそうなことがあったらまた教えてくださいね。

こんばんは

 レッスンでやるだけの場合と発表会でやる場合とでは、本人の意気込みはともかく、先生の意気込みも違うと思います。ですからきっと細かい部分まで念には念を入れてさらって下さっているのだと思います。発表会の場合、やりすぎるということは決してありませんものね。

 先週のレッスンで、この曲は、ビブラートを少し強調して入れるときれいに聞こえるということをおっしゃってました。それと既にご存知だと思いますが、私が出来ていなかったことで言われたことが二つありました。、トリルの時、指をなるべく丸めたほうがきれいな音が出るというということと、最後の2D♭右人差し指だけ上げるやり方の方が良いと。

 私の方こそまた教えてくださいね。

あおさん、さっそくにありがとうございます。

ビブラート、最近やっと少しましにできるようになったかな?状態なんです。「ここはもう少しビブラートが欲しい」と先生から言われたりしています。工藤さんのCDでも、柔らかいビブラートがたっぷり入っていて・・・もう少し研究してみますね。

最後の2D♭は、先生に言われてそのやり方でやっていました。同じですね。
トリル、指を丸くしてするのですね。ちょっとマシになったけれど、まだ時々お団子になるんで、そちらも合わせて攻略しなければ・・・。1週間があっという間。また明日レッスンです・・。e-282いろいろ教わり実際に試してみてうまくいくとすごくうれしいですよね。今のところまだその状態でいられます、(苦笑)
Secret

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター