「ロマンス」
カデンツ後のトリルの部分、ピアノとうまく合わせられないのがずっと気になっていた。
レッスン前、フルート譜にピアノ伴奏のリズムを書き込んでおいたのが役立った。
何回か弾いてもらって、やっと装飾音符の部分も含め、なんとか合わせられるようになった。

そのあとは、♯2つの部分を詳細に。
テヌートのついた四分音符の吹き方・・・お腹を使って軽く、かといって吹きっぱなしではない。もっと明るく楽しげに・・・。1オクターブの三連音符・・・。
細かく直してもらって吹いてみると、音楽が確かに変わる実感がある。

譜面そのものは、一部分を除いてそれほど難しい印象はない。けど、細かい吹き方・表現がやっぱり難しい。
「難しい曲ですよ。チャレンジしてみますか?」と先生がおっしゃった訳が吹き込めば吹き込むほどわかってくる。


Secret