今日、ママは三号クンを連れて小児科へ。少々風邪気味でした。
一号ちゃんと二号クンはバアチャンとお留守番。

我が家へやってきた一号ちゃん、さっそく「おりょうりしようよ~」というので、

「じゃあ、今日は三人で遊ぼうか。」と私。

7ヶ月になったばかりの二号クンをバンボチェアに座らせておままごとの道具の並んだテーブルに着かせました。


孫娘は、チェーンリングをフライパンに並べ、真剣な顔で、蓋をしたフライパンを振っています。

「ごはん、できたよ~」

「二号チャンに食べさせてあげるね。二号チャン、あ~んして」


「あ、バアチャン、だめ!こまかくしてたべさせんとあかんやんか~」

「あ、しまった!何で細かくすればいい?」

「「スプーンでつぶして、こうやってつぶしてたべさせてあげるんだよ~」とお手本をやってみせてくれました。


2歳の孫娘は、大人の行動を実によく見ていて、びっくりさせられることもたびたびです。



二人の都合で仲間入りさせられた二号クン「・・・・」、無言でおしゃぶりをなめていました。

でも、ぐずらなかったところを見ると、それなりに楽しんでいたのでしょうか??



入園願書

ワンコインコンサート

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。