~心に寄り添うヴィオラ~

牧野 葵美

 テレマン ;無伴奏ヴィオラのためのファンタジー4番
 プロコフィエフ  ;ロメオとジュリエットから
 細川俊夫  ; 無伴奏ヴィオラのための悲歌
 ブラームス  ;ソナタ1番

アンコール
 E・ジンバリスト  ;サラサーテアーナより 第一曲タンゴ

バロックから近代・現代音楽まで聴かせてもらいました。
ご自分で曲の解説をしながらの演奏でした。
体を目いっぱい使って演奏なさっているような感じで、小柄に見える姿から予想できないような太く力強い音、繊細で甘い音、豊かな音色が魅力的でした。
ヴィオラはもともと好きな楽器でしたが、彼女の演奏はヴィオラの魅力をさらに十分に伝えてくれるものでした。

フルート・レッスン記録

フルート・アンサンブル

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。