ケーラーNo9
テンポアップし、2小節ブレスで吹くよう言われていました。

家で練習していて、ブレスの後の一拍目めでお腹が保てていない場合があることに気が付きました。お腹を作るのが遅れるようなのです。吹きながらお腹を作っている?それとか、お腹は作っているけれど息のコントロールがおろそかになっているところもある?音色にも違いがでてしまうし、その吹き方では2小節は当然もたなくなって・・・。


先生にそのことをお話しすると、最初はきちんとできているけど後半に行くにつれて、そのような箇所が増えていて、気付いたのなら、今きちんと直しておきたい、と言われました。
徹底して練習するための方法を教わりました。


ロマンス
<中音の吹き方に注意して吹けるようになったけれど、それだけでは音楽が単調になってしまう。かといって息に頼るだけでは、音が上ずるだけで良くない。盛り上げていきたいときは、咽喉をさらに開け、お腹ももっと使って吹く。・・・特に二分音符で工夫・・・お腹の使い分け?>
中音は吹きすぎないことが大切なのだけれど、保って吹いているだけでは、ただきれいな音にすぎないわけで・・・。
譜面に沿って細かく教わりました。はぁ~。

京都で会食

殺し文句!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。