一号ちゃんは昨年の4月に入会、体調を崩した月以外は進級テストを受けて今は板キックの練習中です。「板キックは好き、楽しい~」板キックが苦手なバアチャンにはとても信じられないようなことを言います。ギャラリーから見ていると、25mを実に楽しそうに、それもかなりの勢いでキックしてはりますぅ。


スクールでは、子供たちは進級テストを受けて進んでいきます。進級テストの基準はまどろっこしいほど細かいもので、最初のころは、「え~、こんなんでいいん?」疑問符付きで見ていました。

ちなみに二号クン・三号クンは、今は級なしで最初のテストは「泣かない・顔洗いができる」です。8月末には間違いなくワッペンがもらえそう。その次は「自転車こぎ」次は「顔つけ3秒」「顔つけ5秒」と進んでいきます。一号ちゃんは現在「ヘルパー付き板キック15m」で、次は「ヘルパー付き板キック25m」というような具合です。

「なかなか泳ぎの練習に入らへんねんな~」、最初は一号ちゃんのレッスンをみながらそう思っていました。でも今はそれでいいのだと思えるようになってきましたね~。
同じ時間に泳ぐ上のクラスの子供たちの泳ぎがとても美しいのです。大人はすぐにクロールの練習をさせて貰えるけれど、正直言って泳ぎは子供たちほどきれいではないです。子供たちは、大人と違って体で覚えている?レッスンの様子を見ているとそのことが実によくわかります。コーチは一応説明なさっているようだけれど、説明を頭で理解して練習している子供はいないみたいです。幼稚園くらいの小さい子達だから当然ですよね。
一号ちゃんも、自分の順番を待っている間は水の中でパタパタ・・実に楽しそうに水と遊んでいて・・・コーチの話なんかまるで聞いていないみたいですから。
浮いた姿勢から 水中での立ち方、浮くときの基本姿勢、仰向けで浮く姿勢、キック、最初の段階から、体で覚えこむまで徹底して繰り返し教えてもらっています。スタート台から足で飛び込む練習は楽しくて仕方がないみたいです。ジャンプ呼吸(背の届かない深さでジャンプして呼吸)で5m位は移動できるようになってきました。これは、たぶん溺れたりしないための大切な技なんでしょうね。

一号ちゃんが本格的なクロールを習うのはまだまだ先です。でも、それでいいと思っています。二号クン三号クンはいつのことやら・・・。
時間がかかっていいから、美しい泳ぎをきちんと身に着けさせたい、娘夫婦も私達も思いは同じです。

孫の浴衣

スイミングデビュー

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。