2013.06.26  先生のリサイタル
アンサンブルの指導をしてくださっているM先生のリサイタルに行ってきました。
プログラムは、オール「ロマンス」

プログラムから・・・
<幾つになっても心ときめかせていたいものだと、今日は古今東西のロマンスを集めてみました。11人11色の恋の音の泉に浸って頂き、みずみずしい自分をまた発見して頂ければと思いプログラミングしてみました。>


ドニゼッティ;ロマンス
ベートーヴェン;ロマンスOp50
シューマン;ロマンスOp94-2
サンサーンス;ロマンスOp37
シベリウス;ロマンスOp78-2
クロンケ;セレナーデのようなロマンスOp86
  * * * * *
アーン;イ長調のロマンス
ヴィドール;ロマンスOP34-3
ニールセン;ロマンスOP2-1
オネゲル;ロマンス
ゴーベール;ロマンス


当日は、体調がいささか不調。孫たちが交代でウイルス性胃腸炎を患ったあとで、バアチャンも数日前から症状が出ていて・・・。それがようやく落ち着いてきたところでした。
電車を乗り継いで出かけるのは?・・・ちょっとためらったのですが、今練習中のサンサーンスのロマンス、何としても生で聴いてみたい、先生の演奏を聴かせてもらいたい…その思いの方が強くて・・・。
冷房による冷えは禁物と、お腹に小さいカイロを忍ばせて出かけました。

いやぁ~、行くのを見合わせないでよかったです。

サンサーンスのロマンス、いろいろな演奏を、生ではないけれど聴きましたが、先生のロマンスは印象がまた少し違っていて・・・。こんな風に歌うんだね~って。

曲、フレーズによって変わる、音の様々な色合を、改めて感じました。
音色に思いがこもっているというか・・・もちろん、ただ思いを込めただけではそうはならないでしょうけれど。


二時間足らず、体調のことは全く忘れていました。幸せなひとときでした~。
ほんのちょっとだけ、<みずみずしい自分>に戻れたかもしれません。
Secret