高橋幸子~オーボエ、陽の薫り

愛のあいさつ;エルガー  (Ob&P)
オーボエ四重奏曲KV370より第一楽章;モーツァルト (Ob&Vn&Va&Vc)
ファンタジーパストラーレ;ボザ (Ob&P)
二本のオーボエのための協奏曲 第一楽章;アルビノーニ (Ob&Vn&Tp&P)
テンポラルバリエーション;ブリテン (Ob&P)
二本の四季メドレー;植松さやか編曲 (全員)


先日オーボエを延原さんの演奏で聴いたばかりでした。
先日は小さなホール。そしてこの日は2000人入るという大ホール。
芸文の大ホールの音響は結構良いのですが、高橋さんの美しいオーボエの音色を、せめて小ホールぐらいで聴いてみたかったです。ワンコインで聴けるので、今の私には非常にありがたいのですが。。。
せっかくの演奏をもったいないというか・・・

オーボエ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、トランペット等を交えての演奏は、バランスがとてもよくてきれいでした。



月末の泳ぎこみ

ことしこそ!!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。