モイーズ、ケーラー、サン・サーンスみんな総倒れでした。
一言で言えば「お腹がちゃんと使えていない・・・」ということで。
音符は楽譜を追って吹けても、肝心の音がダメ。
最初の内は何とか持ちこたえていたのですが途中からお粗末なことになってしまいました。


昨日の木曜日は、かなり充実して?いました。

午前中にボイストレーニング・・いえ、まだ「・・・もどき」ですが。
お昼過ぎに、スイミング。・・・メニューは昨日書いた通りです。
帰宅後二号クン・三号クンのお相手。
一号ちゃんが合流した後、娘宅まで送り届けてフルートの練習を1時間ほど。
夜は、混声合唱団の練習。軽い筋トレ、発声練習。合唱


原因は・・・たぶん疲れ。一日中、お腹をけっこう使いましたから。
曲やエチュードを吹ききる体力がもっと欲しい~。

今は、精一杯お腹を使って、支えて吹いています。腹筋や背筋がもっとあったらこれほどまで苦労しなくても最後まで持ちこたえることができるような気がしていて・・・。腹筋背筋の必要性を感じているところなのですが、昨日は、朝から夜までお腹をたくさん使って、少ししかない余力が、なくなってしまったのかも?

「来週期待していますよ」帰り際、先生から声をかけられました。


こんな状態では、長い曲を吹くのは到底無理です。
何とかしなくては・・・!



マゴのため~~!

今日のスイミングは・・・

comment iconコメント ( -2 )

こんばんは

 わかりますわかります。私もそうです。

普通の、体力があるというのとフルート体力とは別物だそうです。吹奏楽部の男の子で、胸板が割れているような腹筋をしている子でもフルートでは全然腹筋を使えない子もいるそうで。

 私もフルート腹筋がない方ですが、一番効果がありそうなのが、スケールをフッ、フッで8回ずつ3Cから4Cまで上がっていく練習。少しでもクリアーな音が出ない時はテンポを落としてクリアーな音が出るまでやる。効果がすごくよくわかります。

 普段何ともないところで、息苦しくて息が続きにくい時がないですか?先週のレッスンでしばらくぶりであったのですが、その日の気圧とか関係ないのかななんて、気圧のせいにしたりして。でも何となく空気が薄いような気がしたのですが。下手っっぴはいろいろ理屈をつけたがるのが悪い癖です(笑)。

 E-KOMOさんはレッスンがうまくいかない時は、どうやって気分転換しますか?私は、外食かな~。夕食の支度なしで美味しいお料理と美味しいお酒で。うさばらし~(笑)。
 

名前: あお [Edit] 2013-05-27 19:59

あおさん、こんにちは。
先生はお腹を張って吹くという言い方をされます。お腹を張り続けるための腹筋・背筋不足を最近しみじみ感じます。
ボイストレーニングの時もそのことを痛感します。

スケールをフッ、フッで8回ずつ3Cから4Cまで上がっていく練習。
3Cから4Cまではきつい!これなら、フルートを吹きながら腹筋背筋を鍛えることができそうですね。あおさんは、この練習を継続なさっているんですね。すご~い!!フルートを吹くためのお腹は十分できていそうですね。


憂さ晴らし?へこむのはしょちゅうなので、そのたびに外食してたら家計が持たないです・・・(苦笑)
夫相手にああだこうだと愚痴を・・・夫もレッスンの日はうだうだと・・慰めあうというか、張り合うというかv-403お酒の量が少々増える傾向がありますがね・・・。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-05-28 15:55

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。