2013.05.14  お披露目
アンサンブルのお披露目が終わりました。
無事に・・・と言いたいところだけれど、無事故というわけには、いきませんでした。
でも、幸いというか救急車の出動をお願いするようなところまでは至らず、要所要所で収まって、最後はチャンチャン!何とか終わらせることができました。(苦笑)

とにかく、急遽決まった出演だったので、練習量があまりにも少なすぎました。当日、出番を待つ間にも、口で歌って合わせたり、手拍子で合わせてみたり。けど、やっぱり付け焼刃ではあきませんね。小さな事故があちこちで起こり、ちょっと大きめの事故もおこって・・・

個人的な反省点としては、他のパートの音がちゃんと聴けていなかったということ。
聴いていたつもりだったけれど、実際は聴き方が十分でなかった、漫然と聞いていた・・・聴き分けられていなかった。ほかのパートの動きを感じながら吹くことができなかった・・・。

それらは、自分自身が余裕を持って吹けるように吹き込んでおかないとできないことですよね。
これからのアンサンブル練習で肝に銘じておかなければいけないことだと思いました。


今回の会場は、リサイタルにも使われるような素晴らしいホールでした。
リハーサルでちょっと吹いてすぐに分かりました。
いつも発表会で立つ舞台とはあまりにも違っていて・・・。そんなところで演奏できてうれしかったけれど、我々には立派過ぎ?ちょっとそう思ってしまいました・・・。


打ち上げで、先生は、また来年も・・・っておっしゃってくださったけれど、他の出演者の皆さんのレベルが我々とはあまりにも違い過ぎていて・・・どうなんだろう?
音大生もいらっしゃったし、プロとして活躍なさっている方もいらっしゃったし、そうでない方もみなさん素晴らしい演奏で、出番が終わってからは十分に楽しませてもらいましたから。


次のアンサンブル練習で、もう一度やり直してもらって、きちんと合わせることができたら少しはすっきりするかな?


Secret