M先生の生徒さん達の発表会に、我々アンサンブルクラスも参加することが決まりました。
前回3月のレッスンの時、先生から突然そんな提案が・・・みんなびっくりしたのですが、せっかくのチャンスだからと都合のつく7名で、厚かましくも出ることにしました。

先週はその練習。「ディヴェルティメント」
以前から取り組んでいた曲なのですが、月1回のレッスンではなかなかまとまらなくて・・・。前のフレーズと次のフレーズの色の違いを確認したり、和音の変化の移り変わりを一つずつ確かめて吹いてみたり・・・・・和音の音程を合わせなおしたり・・・最後に通し練習。「こんなんででられるん?大丈夫かしらん?」正直そう思ったけれど、練習は終わりました。あとは当日の合わせのみ???


帰宅後、パート譜の作成に取り掛かりました。
楽譜はずっとスコアを使っていました。
<パートを決めない>が先生の方針。みんながどのパートも吹けるようにしたほうが他のパートのことがわかるので良いアンサンブルができるから、ということでした。
本番に向けてはさすがにそういうわけにもいかず、この間からパートを固定していました。スコアは全部で5ページ。譜めくりがややこしいので各自でパート譜を作ってくることになりました。

スコアをコピーしてパート譜を切り貼り付ける・・・余分な小節線をすべて修正ペンで消し・・もう一度コピー・・更につなぎ目や、読みにくくなった書き込みを消してもう一度コピー・・・。
やり始めると止まらなくなってしまいます。こんなことに時間を割いている場合ではないんちゃう?と思いつつ仕上げにこだわって作成してしまいました。

で、出来上がったのがこちら。
注意点などを改めて書き込んで・・・
IMG_1272.jpg

まあまあの出来栄えで、とても見やすくなりました。(その間、横から夫がごちゃごちゃ・・・。細かい作業にこだわりがある人なのです。・・・ここはまあ、先輩?の意見を素直に聞いて・・・

さっそく、出来上がったパート譜を見ながら吹いてみました。

心配なことが一つ!今までなら途中で事故るようなことがあっても、ファーストの楽譜を見て戻ることができていました。万一そういうことが起こっても、パート譜だと分からないかもしれない・・・。まだ、旋律を完璧に覚えるところまでは吹き込めていないし・・・連絡先の分かるメンバーさんにだけでも声をかけて練習する?そう思ったりもしていますが、何しろ日にちに余裕がなくて・・・。

ま、取りあえず、練習あるのみです!

コンサート、二つ

レッスン記録

comment iconコメント ( -6 )

アンサンブルの発表会、素敵ですね!
パート譜もとても丁寧に仕上げられてらっしゃいます。
パート譜にするとページが少なくなって良いですが、心配されてる不安もわかります。全体が見えたほうがよい場合もありますものね。
頑張ってくださいね~♪

名前: 白雪 [Edit] 2013-05-02 13:24

細かい作業をなさいましたね。
スコアなら全体が読めますが、パート譜は不安が残りますね。
アンサンブルは音色が違うと汚い響きになるので
難しいです。
合唱やデュエットも同じです。発表の場があることは素晴らしいです。
ぜひぜひ、素敵な演奏を奏でてくださいね。

名前: 野いちご [Edit] 2013-05-02 15:45

白雪さん、こんばんは。

練習では無難にこなせても、本番では思いもよらないことが起こったりしますね。急に決まって、さらりと流せるほどには合わせ練習ができていないので、心配です。残り数日、精一杯練習してあとは開き直るしかない?と思っているのですが・・・。

白雪さんの発表会、ソロとアンサンブルでしたね。進み具合はいかがですか。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-05-02 20:57

野いちごさん、こんばんは。

発表の機会がえられたのはありがたいのですが、こんな仕上がりで出てもいいのかしらん?と、ちょっと戸惑ってもいます。
本番が楽しみなような、心配なような・・・う~ん。

練習で先生に教わったことを本番で出せるように。
あと数日ですが、個人練習を頑張りたいと思います。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-05-02 21:22

こんばんは。
発表会2曲、苦戦しています。

シチリアーノはテンポがゆったりに聴こえるけど、演奏するとかなり速く感じます。指使いが難しかったり、強弱や流れるように吹くのが難しいです。ただようやくテンポにだけはのれるようになってきたかも・・・
アンサンブルは先生と合わせてますが、まだ後半が全滅(泣く)
いったいこの2曲はどうなるんでしょう・・・?

名前: 白雪 [Edit] 2013-05-03 19:59

白雪さん、こんばんは。

シチリアーノでは、とにかく腹筋を使って吹くように言われた覚えがあります。pでもppでもすべてと。十分にはできませんでしたけれど。低音から高音まで幅広い音域だし、ホント難しいですね。
それに私、八分の六は、苦手で。それがおできになるのは、音楽経験が豊富でいらっしゃるからではないでしょうか・・・。私ももっといろいろやっておけばよかった~。

アンサンブルでは、楽しんで演奏したいですよね。がんばりましょう~。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-05-03 23:50

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。