ケーラー No7
すんなりOKが出ました。
最後の方で疲れが出て音が悪くなってきたけれどまあいいでしょう・・・って。

ケーラー二巻No1~No7までの二回目のレッスンが終わって、次回はNo8、新しい課題に入ります。

今まで、エチュードを二回、多い時は三回、終わったエチュードを最初からやり直してきました。
終わった時のレベルでもう一度吹きなおすことで、力を付けることができるから・・・。先生がそうおっしゃるのは理解できていました。けどやっぱり、1つ終わったら、次のエチュードに進みたい・・・できてもいないのに、厚かましくそう思ったりもしていて・・・。

でも、今回はやり直してよかったと思っています。途中だけれど、ここでやり直したほうが後半の練習に役立つ、と先生がおっしゃって始めたことだったのですが、本当にそうでした。一回目とは違う、という手ごたえを感じています。エチュードが曲らしくなったというか・・・。
(本当は一回目でそのように仕上げなければいけなかったのでしょうが、へたくそで、最後まで吹くのに精いっぱい状態でした・・

No8、少しだけ見てみましたが、臨時記号が多いしアーティキュレーションもややこしそう。私が苦手とする箇所がいくつもあって、吹けるようになるにはまたまた時間がかかりそうです。そんな課題だけれど、何処まで吹けるようになるか、ある意味ちょっとだけ楽しみでもあって・・・。
ま、ぼちぼちと。。。

ロマンス
最初と同じ旋律で1オクターブ高い部分を中心に見てもらいました。
そろそろ通してレッスンしてもらえそうなところまで来たみたいです。
部分練習と全体を通しての練習、相当頑張らないと・・・。

くるしかった~!

お姉ちゃん、がんばった~。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。