2013.04.14  レッスン記録
モイーズ No10
1オクターブの音色が安定してきた。
中音の良い音が、いつどんな時でも出せるようにする。

ケーラー No7
先週は、準備不足でした。
連日、コンクールを聴きに出かけていて、練習ができていませんでした。「エチュードの練習はできなかったけれど、耳の貯金ができたから・・・」先生にはそう言ってもらって・・・。スタッカートに気を取られてフレーズが作れていないので、まずスラーで吹くが今週の課題でした。

全体的にはフレーズが出せていて良い。昨年、一回目に取り組んだ時とは全く違う音楽になっている。昨年の吹き方はこうでしたよ。笑いながら先生が真似してくださいました。(ああ、恥ずかしい~へたくそだった~~
次週までにいくつかの部分を直して完成度をあげるよう言われました。具体的には、吹いてしまって飛び出してしまう部分とか、ブレス前の切り方とか・・・・です。


ロマンス
簡単に出せる中音を、丁寧に吹いて音楽を作っていくことが大切。
カデンツの部分は、繰り返しやってきた、逆付点のタンギングの効果が出てきている。
そのあとの所は、跳躍を、すべてスラーで、音色を保って吹くという練習をすること。

ニ長調・・三連音符の休符の意識がきちんとできていない。この部分は自分でも自覚がある。要練習!


「これ、発表会でどうですか?」先生に言われたけど、「とても無理です」お断りしました。発表会は秋の後半らしいけど・・・(う~~ん。発表会のプレッシャーの中ではね・・・)
Secret