photo_tre.jpg
市のスポーツセンターのジムです。
ホームページの写真をお借りしました。

60半ばのおばさんには似合わない?
自分でも少々呆れながら、2月から通っています。
このジム、若いころに少しだけ通っていて、名簿にはまだ名前が残っていました。

今回、改めてインストラクターさんから一通り教えてもらったのに、マシンの使い方がなかなか覚えられなくて・・・・、老眼鏡をかけてマシンの説明を見ながらセッティング。でも、最近はだいぶ慣れてきました。

最初、若い人ばかりかと思っていましたが、結構熟年層も多くて・・半々ぐらいですかね。
私の場合は、週に1度くらいのペースなので、鍛えるというより、現状維持が目的。
マシンの負荷は最低のラインです。(苦笑)

バンバンこなす若い人に交じって、今日も、ささやかにこなしてきました。
フルートを吹く体力が、少しでも持続できるとうれしいのだけれど・・・

幼稚園デビュー!

おわった~。

comment iconコメント ( -6 )

私も一緒、マシンのやり方がなかなか覚えられません。
もう開き直ってインストラクターに聞いています。
もう少し体力と足腰を鍛えたいです。
お互いに頑張りましょう。

名前: 野いちご [Edit] 2013-04-10 21:54

野いちごさんも頑張っていらっしゃるのですね。

野いちごさんが行かれているスポーツクラブ、こちらにもあるのですが、公共のスポーツクラブの方が費用が安く済むのでそちらに行っています。
インストラクターさんは受付にお一人いらっしゃるだけなので、たびたび声をかけるのも悪い気がして・・・・。何とかやれている状態です。

でも良かった!お仲間がいてくださって。・・・続けて頑張れそうです~。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-04-11 11:48

こんにちは

 皆さんすごいですね。もう体を動かすのはダメです。というか若い頃から運動は大の苦手。頭を使うのも苦手ですけど(笑)

 神戸国際フルートコンクール、お疲れ様でした。一位の方は、ヴィジュアルもよかったとか。観て、聴いてみたいですね。

 最近練習してて思うのですが、うまく吹くコツの一番は何かというとフルートの当たり所のような気がします。当たり所が悪い時は、音が悪い、息が苦しくなる、フルートが固定しない、指を間違える。良い時はすべてその反対。
 
 発表会の曲まだ結論が出ないのですが、一応ドニゼッティのソナタと亜麻色の髪の乙女に絞って練習し始めました。ハープの方の返事がまだなので二股かけています。

 E-KOMOさんに教えていただきたいのですが、ロマンスのカデンツァのスケールの練習方法、先生はどのように指導されていますか?ドニゼッティもやたらとつながっている音が多いのですが、もともとスラーで早いスケールを吹くのがとても苦手です。何か良い方法があったら教えて下さいね。

 タファネルの「アンダンテパストラル」、エネスコの「カンタービレ」もとてもロマンティックで素敵ですが、ヴィドールの組曲の「モデラート」と「ロマンス」もすごくお薦めです。今のフルートに買い換えるる前の年にやらせてもらいました。

 どんどん腹筋が鍛えられて、ますます素敵な演奏が聴けそうですね。焦り気味で~す(笑)。

名前: あお [Edit] 2013-04-11 16:26

あおさん、こんにちは。

ジャコーさん、目と耳でうっとりさせて貰いました~。you Tubeでも見れますよ。あ、いえ、聴けます。

体を動かすのはけっこう好きですが、感性の方がなかなか動いてくれないので大変です・・・。そのあたりがあおさんと違っているみたい。夫にも<感性の問題ちゃうか?>と、しょっちゅう言われていて。こればっかりはどうしようもないです。(汗)

フルートの当たりどころが良いかどうか?確かに~。
最初まずまずの出だしでも、吹いているうちに微妙にずれて来たりするし、口元に力が入ってきてぴたっと合わなくなったりとか、苦労してます。ごくわずかのくるいなんでしょうけどね。そんなことはないですか?そして、そんな場合はどんなふうに修正なさいますか?

ヴィドールの組曲は初めて聴きました。美しい~。こんな難しい曲をなさったんですね。すご~い。

ロマンスのカデンツのところは、私のレベルに合わせてのアドバイスだと思いますが、ひたすら逆付点で練習するよう言われました。そして、そのあとの16分音符の跳躍の部分も うまく出来なくて難儀しています。ただ音がなっているだけ?音が薄い?状態で、音楽にならないというか・・・。難しいです。

発表会に向けて練習を始められたんですね。
私の方はまだ何も決まっていません。
今年も、出る出ない?そこから考えることになりそうです。発表会はやはり苦手です。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-04-11 22:57

こんにちは
 
 ジャコーさん、YouTube,バッハとゴーベールのものでしょうか?もし他にもあったら教えて下さいね。木管フルートに見えましたが、コンクールの時はどうでしたか?

 「ロマンス」39小節目から48小節目まで息、指、Fisの跳躍、すべて苦手要素満載です(笑)。E-KOMOさん、難しいとおっしゃるけど、ヴィードールとか、アンダンテパストラルの方がむしろやりやすいかも。是非次はやる価値ありですよぉ。

 フルートを買い替えてまだ1年もたっていないのですが、その前は、今思うと考えずに無理やり吹いていたような気がします。総銀のフルートになって、いろいろ考えながら吹くようになって、音を出す原点に回帰したような。これが、無理やりでなく考えずに吹けるようになると本物なのかと。

 苦手なケーラー2巻が終わった時、ロマンティックエチュードをやる案もあったのですが、違う作曲家のものをやるのもと思い、アンデルセンop21をやりました。意外にすんなり終わってしまって(やはり合う合わないってあるのかも)、ケーラー打倒とまたケーラーに戻ってみました。今14番まで来ましたが、やっと楽しくなってきたような。

 紆余曲折なく吹ける方もいらっしゃるのかもしれませんが、私など紆余曲折があっても吹けないのですから、これからも自分で自分に呆れながら、気長にやっていこうと思います。

 指の練習に私もタファネルゴベールのスケール、逆符点でやってみます(死にもの狂いで・・・笑)。いつもいつもありがとうございます。

 

名前: あお [Edit] 2013-04-12 13:32

あおさん、こんにちは。
昨日の地震、震源地近くではけっこう大変だったようですね。帰ってからニュースで知って改めて怖くなりました~。ご心配いただいて。

ジャコーさん、こんな演奏もありますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=-5kk-cuuZaM&feature=player_embedded
コンクールではほとんど木管で演奏なさっていたのではないかしらん。聴けていないときもあったので・・・

あおさんは、やはり、私に比べてエチュード、曲どちらもはるかにしかも着々とこなしていらっしゃるようです。コツコツ練習なさってしっかり前に進んでいらっしゃる。とても同じようにはできそうもないです。
きっと今は、さらに音色も含めて次の境地に差し掛かろうとなさっているんだろうなって思います。

とても、ゆっくりしかできないですが、あおさんの後を追って、少しずつ背伸びもしつつ頑張って行こうと思ってます。また、いろいろ教えてくださいね。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-04-14 16:10

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。