神戸国際フルートコンクールが始まりました。
4年に一度で、今年は8回目。有名なパユは第二回大会の優勝者です。

34か国229名の応募者があったのだそうで、テープ審査を通過した61人(内、日本人は14人)が、明日から頂点目指す演奏を聴かせてくれます。
なので、演奏は予選レベルでも、十分に素晴らしくて・・・。
今回は、1次、2次、3次そして本選、披露演奏会が聴けるフリーパスを買い求めました。電車の回数券も買いました。私も気合十分?(苦笑)


昨日は、グランプリウィナーズ・コンサートがありました。
過去の、グランプリに輝いたその瞬間を見た小山裕幾さん。
中音部の音の美しさが好きです。難しそうな曲を軽々と演奏なさっていました。
サラ・ルヴィオンさんのたっぷりとした音楽も楽しめたし、ケルステン・マッコールさんの演奏では、特にカプリースNO24が印象に残りました。

私の後ろの席に座っていた方々は、出場者のホストファミリーをなさる予定だったようです。
ベッドにするかお布団にするかとか、布団のサイズが小さいから・・・菜食主義者で食べ物は・・・等と話しておられました。

とにかく、約10日間ですが、いろいろ楽しみです~。

コンクール第一日目

レッスン記録

comment iconコメント ( -2 )

こんばんは

 E-KOMOさん、気合入っていますねぇ。10日間体力も入りまますけど、それは絶対大丈夫そうですね(笑)
 ご主人様も一緒だったり?主婦は帰ってから家事が待っているので大変です。
 関西にお住まいの方の役得ですから、私の分まで楽しんできてくださいね。いろいろお話聞くのを楽しみにしています。

名前: あお [Edit] 2013-03-28 18:33

あおさん、こんばんは。

世界から選ばれた方々の演奏なので、それはもう見事!
しっかり聴いてきました。

家事は、手抜きでも許してもらえそうです(笑)
でも、明日のレッスン、こちらは手抜きしたらあきませんよね。
頑張りま~す。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-03-28 22:26

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。