例年3月初めにシーズンを迎えるいかなご。
くぎ煮を作るようになったのはいつ頃だったか、もうずっと、毎年のように炊いている気がする。

成長が非常に速い魚なので、いかなご漁の解禁日からしばらくは、買い物に行くにも気合が入る。
自分の目でチェックしないと買えないからだ。
あまりに小さいと私の腕前ではきれいに仕上がらないし、大きくなってしまったのは舌触りが好みに合わない気がする。
それに春の嵐とかで海が荒れると漁はお休み、張り切って出かけても入荷がなくて当てがはずれることもしばしば。
お昼過ぎ、店で並んで入荷を待ち、買ったこともあった。


なのに今年はちょうど娘一家のインフルエンザ騒ぎと重なっていかなごどころではなかった。
それでも、かろうじて1キロだけは炊いた。
それも店に電話して入荷を確認。「店頭に10パックくらいなら残っています・・・」の返事で大慌てでバイクを飛ばして?駆けつけ買ったもの。すでに少々大きめのサイズになっていたが、預かっている孫の相手をしながら1時間ほどかけてなんとか炊き上げた。
それを娘宅、息子宅、我が家で分けた。

例年ならもう少し炊いて知人にも送るのだが、今年はできなかった・・・。
いつも、おいしいと気持ちよく受け取ってくださるみなさん、今年はそんなわけで・・・・・すみません~

レッスン記録

 レッスン記録

comment iconコメント ( -2 )

No title

いかなごのシーズンなんですね。
大きすぎても小さすぎてもいけないのですね。難しそう・・・
でも、少しでも手に入って良かったですね!おふくろの味、皆さん喜ばれたことでしょう。

我が家も毎年、神戸の友人が送ってくれます。
今日あたり届くそうなので、楽しみに待っているのですよ(^^)

名前: 白雪 [Edit] 2013-03-19 10:19

No title

白雪さん、こんばんは。

いかなご、炊き方も大きさの好みも、皆さんいろいろとこだわりがあるみたいです。あっという間に大きくなるので、炊き頃がけっこう難しいです。
でも、いかなごが出始めると春だな~~て思います。


白雪さんのところにもいかなごが届くのですね。楽しみですね~。
店には、いかなごを送るための、パック容器とかも出てたりするんですよ。

名前: E-KOMO [Edit] 2013-03-19 21:41

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。