2013.02.10  レッスン記録
モイーズ No10・ヴァリエーション2
1オクターブの移動だけでできているエチュード。
初心者のころと違って、とりあえず音は出せる。
が、1オクターブ上の音の質がよくないと言われた。最近ずっと注意されている「吹きすぎ」だ。
お腹の広がりだけで鳴らす、これがなかなかできない。

ケーラー No5
何か所か吹きすぎを直されたけれど、
でも、全体に良い吹き方ができていて、とても良いって・・・
あとはテンポアップ。テンポを上げても息のスピードが速くなったりしないように、今の吹き方で仕上げることが目標。

テレマンNo4・3楽章。
お腹の使い方がよくないところがある。特に低音に移るところ。
8分音符の粒がそろわない。
これらのことがきちんとできたうえでのアクセントやスタッカートの表現になるように。

ロマンス
スキー旅行で練習時間があまり取れなかったので、今回はお休み。


帰り際、「今日のケーラーのような吹き方が、モイーズの1オクターブ・・のところでもできるようになるといいですね。」先生にそう言われた。

<咽喉を開けて、お腹は下に下に広げる意識で、息のスピードは上げずに吹きすぎないで、さらに腹筋を使ってお腹を安定させ、たもって吹く>これがだいぶ掴めて来た。意識しなくても、いつもできるようにしていきたい・・・
Secret