2013.01.28  レッスン記録
モイーズ No10・ヴァリエーション1
次回はさらにテンポアップ。四分音符=100で。トリプルがきちんとはまるように・・・

ケーラー No4
前回、私にしては珍しく、よくなったとお褒めのことばが貰え、今回も「よかったですよ~」って。
でも、まだ気になるところがあるということで不合格でした。
息のスピードで吹いてしまって音が壊れているところをいくつも指摘されました。特に、3Eのプラルトリラー、低音から高音まで移動するときの息のスピードの使い分けとか。

テレマンNo4・3楽章。
四分の4だけれど二拍で取るように言われていました。
けど、リズムの取り方が変で音楽がつながっていないと。先生が吹いてくださったら音楽の印象が全然違っていました。小節を大きく1拍でとって吹きなおしました。
難しい楽譜ではないし、譜読みでそれくらいはつかめないとダメなんやろうねぇ。
もう一度やり直しです。

ロマンス
時間が足りなくなって、うまく吹けていないところの練習方法だけ教えていただきました。
真ん中あたりの細かい音符が並んでいる部分。「レミファソラシドド♯~」のスケール。指遣いと息遣いに注意しながら慣れるまでする。アルテにある「Fis Dur」のアルペジオをするなど。
そのあとの部分。音の区切り方を変えて吹いてみるという方法もある。音の高さにあった息遣い。

曲を最後にみていただいているので、ロマンスはいつも時間切れになってしまいます。
次回こそ、ケーラーをささっと合格で終わらせて、ロマンスをタップリ見てもらえるようにしないと・・・。
Secret