トップ  >  フルート  >  レッスン記録

レッスン記録

2013年01月28日

モイーズ No10・ヴァリエーション1
次回はさらにテンポアップ。四分音符=100で。トリプルがきちんとはまるように・・・

ケーラー No4
前回、私にしては珍しく、よくなったとお褒めのことばが貰え、今回も「よかったですよ~」って。
でも、まだ気になるところがあるということで不合格でした。
息のスピードで吹いてしまって音が壊れているところをいくつも指摘されました。特に、3Eのプラルトリラー、低音から高音まで移動するときの息のスピードの使い分けとか。

テレマンNo4・3楽章。
四分の4だけれど二拍で取るように言われていました。
けど、リズムの取り方が変で音楽がつながっていないと。先生が吹いてくださったら音楽の印象が全然違っていました。小節を大きく1拍でとって吹きなおしました。
難しい楽譜ではないし、譜読みでそれくらいはつかめないとダメなんやろうねぇ。
もう一度やり直しです。

ロマンス
時間が足りなくなって、うまく吹けていないところの練習方法だけ教えていただきました。
真ん中あたりの細かい音符が並んでいる部分。「レミファソラシドド♯~」のスケール。指遣いと息遣いに注意しながら慣れるまでする。アルテにある「Fis Dur」のアルペジオをするなど。
そのあとの部分。音の区切り方を変えて吹いてみるという方法もある。音の高さにあった息遣い。

曲を最後にみていただいているので、ロマンスはいつも時間切れになってしまいます。
次回こそ、ケーラーをささっと合格で終わらせて、ロマンスをタップリ見てもらえるようにしないと・・・。

日帰りで。 | トップページへ戻る | やっと安心!

このページのトップに戻る

コメント

No title

こんばんは

 新村 理々愛さん聴いてらしたのですね。テレビやYOU TUBEでは拝見したことありますが、私の先生も”あの方は本当に上手だ”とおっしゃってました。すごい迫力ですか?
 佐渡裕さんは確か大学はフルート科なんですよね。大きな感じの方なので、肺活量があってフルートに向いてますよね(笑)。

 E-KOMOさんもたくさんやられているので、最後になると時間が足りなくなるのわかります。私も、もう一回吹かせてもらえば上がるのになんて思う時あります(笑)。

 ロマンスのレッスンを読ませていただいて、いいことを思いついたのですが・・・私もレッスンではとても時間がなくてこれ以上の量は出来ないので、ロマンスをE-KOMOさんのブログと先生のご注意を読ませていただきながら自宅練習をやるというのはお得ですよね(笑)。よろしくお願い致します(笑)。
 

No title

あおさん、こんばんは。
新村 理々愛さんはノクターンの演奏をYOU TUBEで探した時に知りました。才能豊かというか、ほんとお上手です。そのことを佐渡さんが十分に認めていらっしゃるという感じでした。

私も、もう少し吹けば調子が出てきて、家と同じ様に吹けるかも・・・と思うことあります。先生の前での演奏がおそらく私の実力なのでしょうが、もう少しましに吹けるはずなのに・・・と悔しく思うことがよくあります。

「ロマンス」のブログレッスン、面白そうですね。公開レッスン?
でも、私レベルのレッスンだから、きっと物足りなく思われると思いますよ~。反対に、気付かれたことあったら、教えてくださいね。


名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。