先日のお墓詣りの時のこと。
お線香を立てようとしたら、線香たてがない!
線香立ての上の部分は、取り外しができて、ねじこんでつけるようになっていました。
そのねじ込む部分が無くなっていたのです・・・前回参った時はありました。
転がり落ちたかと墓の周囲を探しましたがみつからず。
あきらめてお線香を置いて帰りました。
けど、どう考えても変な話で・・・
誰かのいたずら?まさか、だれかに持って行かれた?


昨日、新しい線香立てを買いに仏具屋さんへ行き、線香立てが無くなった話をしました。
仏具屋さんによれば、線香立てが無くなるのはけっこうあることなんだそうです。
いたずらとかそんなことではなく、墓を建てる業者さんが失敬することがあるんだそうで・・・

新しく墓を建てて、線香立てを忘れ、ちょいとよそ様のを使ったり、開眼法要に間に合わなくて、よそのを借りてあとで返すということもあるのだとか・・・。
何ということ!

線香立てもサイズがいろいろあるので口径を図らないとつけられない・・・ということで、次回行ったとき寸法を図って買うことにしました。
ご先祖様には、線香立てなしで辛抱してもらわなければなりません。
けど、もしそうならほんと、酷いお話です。墓地の物を盗るなんてね。
コラ!ご先祖様がみてるよっ!

春のお彼岸に行ってみたらまた元のようについていたりして。。。。

今年の家計簿

あけましておめでとうございます。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。